【レビュー】 Qi充電対応 4 in 1 充電スタンド ケーブル1本でスッキリ!

Apple Watch
この記事は約7分で読めます。

先日、机の上を整理した時にご紹介したNuAnsのマルチ充電トレイCOLONY



おかげでiPadの充電周りはとても快適になった。

NuAns COLONY マルチ充電トレイ 充電器も収納できとってもスマート
NuAns COLONY マルチ充電トレイのレビュー。机の上でゴチャつくケーブや場所をとる充電器も収納できてとってもスマートなトレイです。複数端末を持っている方にオススメです。

残すはiPhoneやAppleWactch、AirPodsの充電周りだ。



それぞれ充電スタンドを使っているので、ケーブルも複数に。
これをスッキリさせたいと、新たに充電スタンドを導入してみた。



Qi充電に対応した 4 in 1 充電スタンドだ。

今回購入したのは中華製のノンブランド品。
価格はAmazonで3,699円とQi充電対応製品としては安めだ。
中華品の場合、不具合があったり、当たり外れがあったりと問題点も多い。
今回購入した製品はどうなのかレビューしたいと思う。

スポンサーリンク

 Qi充電対応 4 in 1 充電スタンド レビュー

順を追ってみていきたいと思う。

パッケージ



白をベースに製品の画像が印刷されたパッケージ。
最近のApple製品の周辺機器のパッケージに白が多いと感じるのは僕だけだろうか?



パッケージ裏面にも製品画像が。
こちらはiPhoneではなくAirPodsを充電している画像になっている。
何をどうやって充電するか分かりやすくはなっていると思う。




付属品は、USB TYPE-C toAケーブルマニュアルだ。
充電アダプターは付属しないので、別途用意する必要がある。

マニュアルには日本語の記載がない。
できれば日本語が記載されている方がありがたいと思う。

外観・デザイン




本体は白と黒の2色展開
今回は白を選択。
やっぱりApple製品には白が似合うと勝手に思っている。



iPhoneを立てて置くスタンド部分は折りたたみ式になっている。
黒い部分を合わせる場所によって、立てかける角度が2段間に調整できる
できればこの黒の部分も白だと嬉しかった。




画像のように手前にセットすると角度がきつめに。
奥にセットすると、角度が緩めになる。

横から見るとこんな感じだ。




自身の好みで調整可能なところは嬉しいところだ。

ここからはそれぞれの充電部分ついて少し詳しく。
まずは立てかけ充電部分。



注意書きのシールが貼ってあるので、使用前には忘れずに剥がしておこう。
書かれている内容は、
・1台のiPhone、AppleWatch、AirPodsを充電する場合、9V/2A(18W)の充電アダプターが必要
・2台のiPhone、AppleWatch、AirPodsを充電する場合、9V/3A(27W)の充電アダプターが必要

意外と重要なことが書かれていた。

お手持ちの充電アダプターの出力を確認して、自身の使い方にあっているかチェックが必要だ。



立てかけ部分の下部には、滑り止めのゴムが貼ってある。
iPhoneが滑ってズレる事もなくて良い。

充電用のコイルが2つ内蔵されているのでiPhoneを横に置いても充電可能だ。
充電しながら動画を見る事もできる。

次は横置き充電部分。

立てかけと同じように滑り止めのゴムが貼ってある。
縦置き同様に、ズレて気づいたら充電できていないって事もなさそうだ。



縦置きと横置きの充電状態は、台右上の2つのランプで分かるようになっている。
充電が開始されると緑色に点灯する。
ただし、AppleWatchとAirPods(非ワイヤレス充電)を充電してもランプは点灯しない




今回の充電スタンドの充電ポートはUSB TYPE-Cになっている。
しっかり充電できそうな期待感が持てる。

横置き部分では、ワイヤレス充電対応のAirPodsも充電できる。
僕のAirPodsはワイヤレス非対応なので試す事はできないが、これも便利な部分だ。



付属のマニュアルには、AirPodsが充電可能なポジションがイラストで書かれている。
非常に分かりやすい。

続いてAppleWtach充電部。



今回の充電スタンドは、AppleWatchを購入した時に付属する充電ケーブルを組み込む必要はない
凹み部分がマグネットになっていて、AppleWatchをのせるとピタッとくっつく仕様だ。

充電ケーブルを組み込む製品だと、出張や旅行に出かける時に外したり、もう1本予備のケーブルもしくはAppleWatch用の充電器を別途用意する必要がある。

今回の充電器は、購入する負担や手間が掛かからず、ケーブルを持っていくことができるのでとてもありがたい。

最後はLightning充電部。



開封した時、Lightning端子部にはカバーがついており、破損しないようになっていた。
ちょっとしたことだが、とても好感が持てる。



ワイヤレス充電非対応のAirPodsが充電可能だ。

iPhoneも充電できると思うが、端子の折れてしまう恐れもあるのでオススメはしない。

iPhone 8 Plusを充電する

早速、所有しているiPhone 8 Plusを充電してみた。
まずは縦置きから。



画像のように問題なく充電できた。

ただ、iPhoneを置く時、左右どちらかに少しでもズレていると充電できない。
充電可能エリアが他の充電器よりも少し狭いように感じた。

iPhoneをのせて充電が開始されると、台の右上にある2つのランプの左側が、緑色に点灯する。
iPhoneをのせる時に、この点を気をつけて見ていれば問題ないと個人的には思っている。

充電時間は特に計測はしていないが、寝る前にセットして朝起きて確認した時には100%しっかり充電されていた。

次に横置きで充電。



こちらも問題なし。
やはり充電可能エリアは狭く、iPhoneを置くときは注意が必要だ。
横置きの場合、台右上のランプは右側が同じように緑色で点灯する。
点灯して充電が開始されたことを確認するようにしよう。

この2つのランプは充電中、緑色に点灯している。
とても分かりやすくて良い機能だ。

AppleWtachを充電する



AppleWatchを凹みの部分にのせると内蔵マグネットにくっついて、充電が開始される。

AppleWatchの充電が開始されても、先程のランプは点灯しない。
2つしかランプがないのでしょうがないが、できればAppleWatch用にもあればと、この点は少し残念だ。

純正のケーブルを組み込まない仕様の充電器の場合、途中で充電が止まった等のレビューをよく見かける。

本製品では今のところ途中で充電が止まるような不具合は起きていない。
こちらはしばらく使ってみて、今後起きるかどうか気になるところだ。



iPhoneと同時に充電してみたが、両方とも問題なく充電されていた。

AirPodsを充電する



Lightning端子にAirPodsを挿すと充電が開始される。
こちらもAppleWatach同様に充電が開始されてもランプは点灯しない。

AirPods自体iPhoneのように頻繁に充電することはないが、多くないだけにスマートに充電したいものだ。
この製品はその期待に答えてくれている。

iPhone・AppleWatch・AirPodsを同時に充電する



最後に3つまとめて充電してみた。
これができないようだとこの製品の良さが失われてしまうが、問題なく充電できた。

今回iPhone2台同時充電を試すことができなかったので、近いうちに試して、結果をご報告したいと思う。

スポンサーリンク

 まとめ 4 in 1 充電スタンド ケーブルスッキリで快適だった

ここまで4 in 1 充電スタンドのデザインや各端末の充電具合等をみてきたが、率直な感想として

「ケーブルも1本だけでスッキリして非常に快適になった」

と言える。



使用前は中華品なのでハズレを引く可能性も大いにあったが、今回の製品は当たりだったようだ。

前回ご紹介したコロニーと今回の充電スタンドで、僕の充電環境はひとまず落ち着きそうだ。

あと気になるのは、製品の持ちだ。

中には1ヶ月足らずで使えなくなる製品も見受けられるので、本製品がそうならないことに期待したい。
こちらについても今後ご紹介したいと思う。



複数の端末を同時に充電したい。

ケーブルを減らしてスッキリさせたい。

と思っている方には、オススメできる充電器だと、今のところは思っている。
気になる方はぜひチェックしてほしい。




今回もお付き合いいただき感謝。


感想やご質問などコメントもらえたら嬉しいです!

最後に、このブログが皆さんのお役に立てたら幸いです。
Twitterでもいろいろとつぶやいていますので、よければフォローお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました