MacBook ProやAirにおすすめ 7in1 USB Type-C Adapter

mono
この記事は約4分で読めます。

先日購入したMacBook Airは、薄くて画面も綺麗で非常にお気に入りです。
ただ薄くなった分、拡張ポートは

  • ThunderBolt 3ポートが2つ
  • 3.5mmのヘッドホンジャックが1つ


付いているだけです。

これだと、今まで使っていたUSBハブ、Time Machine用のHDDが使えません
それに、HDMIポートもないので外部ディスプレイも接続できません

外出先では良いのですが、家で使うときは外部ディスプレイも使いたいし、バックアップも取っておきたいですよね。

この悩みを解決してくれそうな商品は沢山あって選ぶのが大変。
今回は選ぶポイントを下記の3つに絞って選びました。

  1. HDMIポート
  2. SDカードスロット
  3. 本体の充電が可能


このポイントを網羅したモノが見つかったので、早速Amazonでポチッとしました。
それは
OneAudio社の「7in1 USB Type-C Adapter with 4K HDMI」
です。

早速みていきましょう!

スポンサーリンク

7in1 USB Type-C Adapter 外観

外箱はこんな感じ。

白を基調としたおしゃれなデザインとなっています。中身も期待できそうです。
箱の裏面には、各ポートの仕様の絵と説明が英語で書かれています。

中身はこんな感じ。

中身は、本体User Manualの2点。
User Manualには日本語表記もあります。これは非常にありがたいところです。
本体はスペースグレイで、MacBook Airのスペースグレーと非常にマッチします。

筐体もアルミ製で質感もしっかりしていて、非常に好印象です。
あとは機能がしっかりしていればと。

スポンサーリンク

7in1 USB Type-C Adapter 機能

このUSB Type-C Adapterはその名の通り、7つの機能が1つになったものです。
短い方の1つの側面にはMacとつなぐケーブルがあります。



ケーブルの長さは、15.5cmとちょっと短いような気も。



携帯性を考えるとこんななものでしょうか。
ケーブル長については、しばらく使ってみないとなんとも言えないかもしれませんね。
もう一つの短い方の側面には何もありません。



長い方の1つの側面に5つ、もう1つに2つの機能が付いています。
それぞれみていきましょう。

こちらの側面には、USB Type-Cポート1つHDMIポートが1つ付いています。





こちらのUSB Type-Cポートは、電源供給用となります。
仕様は、最大20V/3A PD3.0急速充電をサポート
急速充電対応はありがたいですね。

次にHDMIポートは、4K 30HzもしくはFullHD 1080P 60Hzに対応。



家にある外付けモニターが4Kに対応していないので確認できませんでしたが、Full HDについては問題なくきれいに映すことができました。

次に反対側です。こちら側には、5つのポートが付いています。

SDカードスロットX1MicroSDカードスロットX1USBType-AポートX2USB Type-CポートX1の計5つのポートです。



USB Type-Aポートは、USB3.0に対応。



Time Machine用のHDDを接続しましたが、HDDのランプは点くもののMacでは認識されませんでした。バスパワーでは使えないようです。

一旦セルフパワーのUSBハブにTime Machine用のHDDをつないで、そのハブをアダプターに接続すると、問題なく認識されバックアップも取れました。



HDDのように消費電力の大きい機器はしょうがないかもしれませんね。
バックアップは自宅で取るので良しとします。

SD/Micro SDカードスロットは、104MB/sに対応。



写真の取り込みも問題なくできました。

USB Typa-Cポートに、iPad Proを接続してみました。



残念ながらUSB Typa-Cポートでは充電もされず、Macでも認識されませんでした。
iPadを充電するためには、反対側の電源供給用のUSB Typa-CポートにiPadつなぐとMacBook Airのバッテリーから充電できるようです。

ちなみにUSB Type-AポートにiPhoneをつなぐと充電可能。



外出先では重宝しそうです。

スポンサーリンク

7in1 USB Type-C Adapter まとめ

ここまで各ポートについてみてきました。
特に不具合もなく使えた結果を踏まえて、良い点、イマイチな点をまとめました。
良い点

  • 7つの機能がまとまっていて携帯に便利
  • 電源供給できるポートが付いている
  • LEDランプで挿入しやすい


イマイチな点

  • ケーブルが短い(色々つなぐと取り回しがきつい)
  • バスパワーハブとしては利用できない
  • 多少熱を持つ(持てないほどの熱さではない)

7つの機能が入って今回のポイントをクリアできているので、概ね満足しています。

このアダプター実はiPad Proでも使えました。



充電しながらSDカードから画像の取り込みもできるので便利です。



しばらく使用してまた気づいた点があれば記事にしたいと思います。



感想やご質問などコメントもらえたら嬉しいです!

最後に、このブログが皆さんのお役に立てたら幸いです。
Twitterでもいろいろとつぶやいていますので、よければフォローお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました