AirPods(第2世代)買いました!!

AirPods
この記事は約6分で読めます。

ずーと前から気になっていたAirPods(第2世代)を購入しました!!

初代AirPodsを買おう、買おうと思っていましたが、色んなサイトでAirPods2が発売される噂が出ていたので、買うか待つかを半年ほど悩んでいました。そんな中、ついにAirPods2が発売されれことになり、早速購入したのでレビューしたいと思います。

ただ発売が2019年3月26日とすでに1ヶ月半が過ぎているし、他の方がすばらしいレビューをされているので、参考になるかわかりませんが、自分なりに感じたことを述べたいと思います。すこしお付き合いください。

1.ずばり、iPhoneを使っているなら、AirPods(第2世代)は絶対に買い!!

初代AirPodsもそうですが、ペアリングがすっごく簡単です。

iPhoneの近くでケースのフタを開けると、iPhoneの画面にAirPods本体とケースの画像とともに「接続」のボタンが表示されます。このボタンを押すだけで、接続完了!!

すっごく簡単です!!

他のBluetoothイヤホンとは違って、わざわざ設定画面を開かなくてもいいところが便利です。

また、他の完全ワイヤレスイヤホンでは、左右のそれぞれのイヤホンのペアリングも必要ですが、AirPodsは自動で左右ペアリングされるので、これもまた便利です。

以前使っていた、SoundPEATSのQ32だと、たまに左右のペアリングがうまくできず、一旦初期化してと手間がかかって、少しストレスでした。

他の完全ワイヤレスイヤホンだと片耳だけの再生ができますが、AirPodsではできません。(もしできたら、すみません…)
次に音質ですが、メリハリがあって、低音から高音までとても自然な音で、長時間音楽を聞いても疲れないですし、とても良いと思います。
(音の善し悪しは個人差がありますので…あくまでも個人的な感想です。)
オーディオのクオリティは初代と同じなため、音質はまったく変わっていないとのことです。GIZMODOさんの記事より
さらに本体の重さがとっても軽い!!
片耳の重量は、なんと4gです。両耳合わせても8g。装着していることを忘れるくらいの軽さです。とても快適です!!
着けた感じは、自分の耳では、ゆるくて外れるようなことはありませんでした。1ヶ月半使用していますが、その間、外れた事はありませんでした。
この、ペアリングの簡単さ・音質の良さ・軽さの3点だけでも十分に買いだと思います!オススメです!逆になんでもっと早く初代AirPodsを買わなかったのか、後悔しています。

2.初代AirPodsと第2世代との違いは?

次に、初代AirPodsと第2世代AirPodsの違いを表にまとめてみました。

初代AirPodsと第2世代AirPodsの違い
初代AirPods第2世代AirPods
デザイン本体の違いはなし

充電表示のLEDの位置がケースの中

充電確認ボタンの位置はケース下側

本体の違いはなし

有線充電タイプのケースは違いなし

ただし、ワイヤレス充電対応ケースは、ケースの外側

充電確認ボタンの位置はケース中央

チップW1チップ搭載H1チップ搭載
Siri本体をダブルタップして起動「Hey Siri!」と声で起動も可能
デバイスの切り替え4秒〜8秒2秒〜6秒
電話の連続通話時間最大2時間 ケース併用で11時間最大3時間 ケース併用で18時間
音楽の連続再生時間最大5時間 ケース併用で24時間最大5時間 ケース併用で24時間

と、いろいろ快適になっているようですね。

3.パッケージと付属品

では、パッケージと付属品について見てみましょう。

パッケージはいつもの白いシンプルなデザインです。このデザイン大好きです。パッケージだけでも美しいです!

付属品は本体とUSBライトニングケーブルと取扱説明書です。これだけで十分です。

今回はワイヤレス充電対応ケースではなく、有線充電対応のケースにしました。予算の都合も有りましたが、バッテリーの持ちもよく、iPhoneのように頻繁に充電する必要がないので。そもそもワイヤレス充電器を持っていないので。(iPhone用のスタンドタイプのワイヤレス充電器は持っていますが、それだとAirPodsの充電はできないので・・・)

ワイヤレス対応のAirPodsは、22,800円で有線タイプのAirPodsは17,800円と5,000円の差がありますから、この差は大きいですよね。AirPods用のシリコンケースとか買えちゃいますからね。それにAirPowerの開発中止もあったので。これは非常に残念でした。こちらについては、後日お話したいと思っています。

ちょっと、話がそれたので本題に戻って、次はAirPodsの使い方です。

4.AirPodsの使い方

基本な操作は、初代AirPodsと変わらないようです

音楽の自動再生・自動再生
AirPodsは耳から本体を外すと、自動的に音楽の再生が止まり、耳に装着すると自動的に続きから音楽が再生されます。わざわざiPhoneを操作しなくても良いので、すごく便利です。
ダブルタップで曲のスキップ・停止
AirPodsを耳に装着した状態で、本体を2回トントンとダブルタップすると、音楽の停止や曲のスキップができます。この機能は、iPhoneのBluetooth接続設定の画面から、左右のAirPodsに、お好きな操作を割り当てることができます。(操作は限られますが)
ダブルタップで通話可能
AirPodsで音楽を聞いている時に電話がかかってきたら、本体をダブルタップすることで電話に出ることができます。音質もクリアで相手の声もよく聞こえます。
音量を調整する方法
AirPodsで音量を調整する方法は、「Hey Siri!」とSiriを呼び出して音量調整するか、iPhoneを取り出して、ボリュームボタンで調整する方法があります。これはちょっと不便かもしれませんね。AppleWatchをお持ちの方は、AppleWatchで音量の調整が可能です。AppleWatchだと、曲の停止、再生、スキップも可能です。AppleWatchと組み合わせて使うのは非常に便利です。

5.やっぱりAirPodsは便利でオススメです!!

ここまでAirPodsの機能や操作方法についてお話してきましたが、AirPodsは非常に完成度の高い完全ワイヤレスイヤホンだと思います。完全ワイヤレスでコードの煩わしさもなく、なにせとっても軽い。「iPhoneにはAirPods」これが最強の組み合わせだと思います。

みなさんもAirPodsで快適な音楽生活を送ってみてはいががでしょうか!!

Appleの傘下ブランドBeatsから、完全ワイヤレスイヤホンの発売が発表されました。こちらもAirPods同様に、H1チップ搭載とのことで、快適に使えそうなので、たいへん気になっています。こちらも購入できたら、レビューしたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました