【レビュー】Anker PowerPort Atom III Slim Gan採用の世界最薄 超おすすめ充電器!

mono
この記事は約7分で読めます。

みなさんこんにちは、ソウマパパです。

今年購入したMacBook Air(2019)
外出先で使う事がとても多くなって、充電周りをどうするかが最近悩みの種に



今までは「Anker PowerCore Fusion 5000」を使っていました。
Fusion5000はモバイルバッテリー機能も兼ね備えておりコンセントがない場所でも充電できます。
2ポートあるのでiPhoneも同時に充電できてとても便利でした。



ただ問題は、PD対応ではないので充電にはそれなりに時間がかかってしまう事。
また充電ポートがUSB Type-Aなので、充電用のケーブルと最近購入したSanDiskのSSD用ケーブル(USB Type-C)、iPhoneのlightningケーブルの合計3本必要になる事。



荷物はやはり少なくしたいし、コンセントが短時間で充電したいですからね。

これらの問題を解決してくれる充電器はないか探していたところ、見つけました!
それは「Anker PowerPort Atom III Slim」


世界最薄クラスのサイズで、PD対応と最近話題のGan採用の充電器です。
デザインや機能についてレビューしたいと思います。

【レビュー】MacBook Air(2019モデル)ファーストインプレッション
MacBook Air(2019年モデル)のファーストインプレッションです。 Airの特徴や使い勝手をまとめました。
スポンサーリンク

Anker PowerPort Atom III Slimの特徴

Anker PowerPort Atom III Slimは、世界最薄クラスのサイズでPDとQuickChargeに対応したPowerIQ3.0を搭載しています。



また最近話題の窒化ガリウム(Gan)採用の充電器です。



特徴を以下にまとめました。

Anker PowerPort Atom III Slimの特徴
・30W出力対応のUSB Type-C 1ポートの急速充電器
・76mm X 46mm X 16mmのスリム設計
・重量は59gと軽量
・PowerIQ3.0を搭載(QC3.0とPDに対応)
・窒化ガリウム(Gan)採用で高出力・小型を実現
・プラグは折りたたみ可能


同じような充電器「Anker PowerPort Atom PD1」があります。



こちらはプラグが折りたためません。
プラグが出たままで立方体の形状がちょっとかさばると思って今回は見送りました。
それと値段もちょっと高かったので・・・

カラーはブラックとホワイトの2色



今回僕はFusion5000と区別するためにホワイトを選びました。


 

スポンサーリンク

Anker PowerPort Atom III Slim レビュー

ではここから実物を見ていきたいと思います。

外観・デザイン

パッケージこんな感じ。




ただよく見ると、青の色が少し光沢のある青に変わっていたのと、わかりづらいですが白い部分にAnker製品などがうっすら刻印されています。



いつからこうなったのか分かりませんが、とてもセンスの良いパッケージだと。

中身は本体といつもの紙と取説です。




取説は日本語表記があります。
ケーブル類は付属されていないので別途用意する必要があります。
ケーブルもPD対応出ないと急速充電はできません。

そこで今回充電器と合わせてケーブルも2本購入しました。

1本目は、iPhone充電用のLightning to USB Type-Cケーブルです。
安定した充電を期待してAnkerのケーブルです。





Ankerのケーブルには、まとめるためのマジックテープが付属しています。

2本目は、MacBook Air用のUSB Type-c to Type-Cケーブルです。
PD対応のケーブルを持ってるけど長さが30cmと短いので、長めのケーブルを購入。




外出先でコンセトからの距離が離れてて不便な思いを経験した事があり、大は小を兼ねるって事で1.8mを。




本題に戻って、本体はこんな感じです。



とにかく小さくて薄いですね。

プラグは折りたたみ式。
折りたたんだ時に、ほんの気持ちプラグが出ていますが許容範囲内ですね。



小ささを分かりやすくするためにポイントカードと比較してみました。




ポイントカードよりも小さいんですよね。この小ささはもう神レベルですね。

厚さの比較はiPhone8 Plusと。



厚さも若干iPhoneより厚いくらいでとても薄いです。
さすが世界最薄クラスです。

重さも純正の充電器と比較してみました。




Atom IIIは59g、純正は106gと純正の充電器と比べると47gも軽いですね。
サイズ感は抜群です!!

使用感とワット数測定

サイズ感はとても良かったので、肝心のワット数などはどうなのか見ていきましょう。
タップに挿すとこんな感じです。



愛用しているpowercubeに挿しても小さい事がよく分かります。
給電されると本体にある丸い部分が青く光ります。
使用感も上々!

では出力数はどうなのかみてみます。
まずはiPhone8 Plusでワット数を計測してみました。





約8Wと最大の10Wに近い値で出力されています。
速度的には、毎分1%増える感じで充電されていました。

次は、メインのMacBook Air(2019)です。





約25Wとこちらも最大出力30Wに近い値が出ていました。
十分使用に耐えうる数値だと思います。
何せこのサイズですから申し分なし!

以前まで持ち運ぶときは、充電器やケーブル類をポーチに入れていました。
今回からはiPad Pro兼用に購入したWIWUのインナーバックに充電器とケーブルを入れて持ち運べるようになりました。



荷物も減らせてとてもgood!


【レビュー】 iPad Pro11インチ用おすすめスリーブバッグ 「WIWU インナーバッグ」
iPad Pro11インチ用おすすめスリーブバッグ 「WIWU インナーバッグ」のレビューです。シンプルなデザインで機能的。オススメです。
スポンサーリンク

各種充電器との比較

他の充電器との差を比較してみました。
今回は以前ご紹介した「belkin BOOST CHARGE」と比較します。
belkinの充電器も素晴らしいデザインでApple製品にとてもマッチします。

belkin BOOST CHARGEと比べるとこんな感じです。



belkin BOOST CHARGEの重量は128gとAtom IIIは半分以下の軽さですね。
ただ充電ポートの数が違うので一概には比べられませんが・・・

まずはiPhone8 Plusの充電からです。




Anker PowerPort Atom III Slimは約8W
belkin BOOST CHARGEは約9W
と、belkinの方が1W高い値でした。
ほぼ同じと思っていいですね。

次はメインのMacBook Airを計測してみました。




Anker PowerPort Atom III Slimは約25W
belkin BOOST CHARGEは約26W
と、iPhone計測時と同様にbelkinの方が1W高い値でした。

ともにbelkinのほうが1W高い値でしたが、特に差がないと感じます。
それよりも、とてもコンパクトなサイズ感でbelkinとほぼ同じ出力値を出せるAtom IIIに軍配が上がると思っていいかもしれません。

画像にはありませんが、充電スピードもAtom IIIの方が早かったですよ。

belkin充電器 BOOST↑CHARGEが便利で格好いい!
MacBookをするならbelkinの充電器 BOOST↑CHARGEが便利でデザインがいい。PD対応で同時充電でも電力の減少がありません。
スポンサーリンク

まとめ Anker PowerPort Atom III Slimは急速充電ができて持ち運びに最適!

ここまでAnker PowerPort Atom III Slimの外観や出力値等を比較しながら見てきました。
いかがでしたでしょうか?




手のひらサイズで高出力と急速充電ができるので、とても素晴らしい製品だと思います。
持ち運びもとっても楽で言うことなしです。
今のところ30Wクラスの充電器では、もっともオススメできる製品です。



気になる方はぜひチェックしてください。

MacBook Proには60W用が必要となります。
60W用だと、Anker PowerPort Atom III 60W


60Wで2ポート欲しい方は、Anker PowerPort Atom III(Two Port)


がそれぞれオススメです。


感想やご質問などコメントもらえたら嬉しいです!

最後に、このブログが皆さんのお役に立てたら幸いです。
Twitterでもいろいろとつぶやいていますので、よければフォローお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました