「Apple Pencilを使ってホーム画面やDockを表示させる方法 AssistiveTouch」

HowTo
この記事は約4分で読めます。

皆さんこんにちは!管理人のsoumaパパです。ここ何日か暖かくと言うか、暑くなってきましたが、体調など崩されていませんか?

さて今日から、「iPad Proをもっと便利に!!」シリーズを始めることにしました。記念すべき第1回目は「AssistiveTouch」です。もうすでに使っている方もいるとは思いますが。。では早速。

私がタブレットでメインで使っているiPad Pro11インチは、皆さんご承知の通りホームボタンがありません。画面ロック解除は、FaceIDでかなり快適になっていますが、アプリを起動している時にホームに戻るには、本体下から上へのスワイプしなければなりません。特に指での操作よりもApple Pencilでの操作が増えたiPad Proだと、この指での操作が意外と億劫になりませんか?

特に私は、考えを整理する作業、ブログの下書きなんかもノートアプリとApple Pencilを使って行うことが、かなり多くなって、ますます億劫に感じています。
ちなみにこのブログの下書きもApple Pencilとノートアプリ使って書きました。(字が汚い。。。)

調べ物をする時も、マルチタスク機能のSplitViewを使っています。google等の検索画面を左側に、調べた結果のメモを、右画面にあるノートアプリに書く、画面をスクロールする時は、Apple Pencilでって感じで行うのが、すっごく便利です。

そんな作業をしている時に、別のアプリを使う時は、Apple Pencilではなく、指で下から上にスワイプして、一旦ホームかDockを立ち上げる必要がありました。この操作をApple Pencilだけでできないものか、と考えていたら、とても簡単に解決できる機能があったのでご紹介したいと思います。

ちょっと前置きが長くなりました。。。

AssistiveTouch機能を使う

YouTubeなどで、iPad等の操作方法を紹介している動画を見ていると、画面上に1cmくらいのグレーっぽい正方形で、中心に円があるアイコンを見たことありませんか?
そう!これが、AssistiveTouchなんです。

この機能を使って、Apple Pencilだけで、ホーム画面やDockを呼び出すことができるんです!! その方法を早速やってみましょう。

AssistiveTouch機能をオンにする

定画面の「一般」「アクセシビリティ」を順にタップします。アクセシビリティ画面の下の方にある「AssistiveTouch」をタップします。デフォルトではオンになっていないので、「オン(緑色)」にします。

すると、先ほど説明したグレーの正方形が表示されます。「画面にこの正方形は邪魔になるんじゃない」と、言われる方もいると思いますが、このアイコンはドラッグすると移動させることが可能です。こんな感じに。

移動先は、画面上下左右の端のみです。画面中央などには移動できません。

カスタムアクションを設定する

AssistiveTouchの画面に、カスタムアクションの欄があります。ここで、シングルタップ、ダブルタップ、長押しのそれぞれの操作をした時のアクションを、「なし」から「そのままAppに伝える」の、25個の中から選ぶことができます。私はシングルタップに「ホーム」、ダブルタップに「Dock」、長押しに「Appスイッチャー」を割り当てています。

シングルタップ(ホーム画面表示)

AssistiveTouch シングルタップ

ダブルタップ(Dock表示)

AssistiveTouch ダブルタップ

長押し(Appスイッチャー)

AssistiveTouch ロングタップ

AssistiveTouchはとっても便利です!

ここまで設定方法から、使用している感じまでを見てきましたが、AssistiveTouchはとっても便利です。始めの頃は、AssistiveTouchのアイコンが少し邪魔のように感じていましたが、使っているうちに慣れてきて、今はこの機能なしではダメになりました。設定もすっごく簡単なので、お好みの機能を割り当ててぜひ使ってみて下さい!!

使ってみての感想等をコメント頂けると喜びます!!

最後に、このブログが皆さんのお役に立てたら幸いです。Twitterでもいろいろとつぶやいていますので、よければフォローお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました