GoodNotes5は使いやすい!iPadおすすめノートアプリ

アプリ
この記事は約6分で読めます。

皆さん、快適なiPad生活を楽しんでますか?
最近発売されたiPad AirやiPad miniもApple Pencilに対応し、これで現行のすべてのiPadがApple Pencilに対応したことになり、iPadを購入される方も増えたと思います。


Apple Pencilが活躍するのは、なんと言っても、手書き対応のノートアプリです。
じゃあ、「どのノートアプリがいいかの?」と迷っている人も多いと思います。
改めて、2回に分けて「GoodNotes5」「NoteShelf2」についてご紹介をしたいと思います。
2つとも有料アプリとなっています。もちろん標準のメモアプリも便利です。
1回目は、GoodNotes5について見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

GoodNotes5とは?


Apple  Pencilの登場で「GoodNotes4」は、有料でありながらもiPadのノートアプリとして、非常に人気の高い定番のアプリでした。最近Apple Pencilの普及が進んだことにより、他のノートアプリが次々と登場して、そのポジションもどうかなぁっ、と思われて始めた時に、メジャーアップデートされて登場したのが「GoodNotes5」です。

現在、GoodNotes4を使っている方は、無料でアップグレードできます。

スポンサーリンク

デザインはどう?

早速、見てみましょう。

最初に起動すると、新規ノートを作成する画面が表示されます。
+ををタップすると、何を作成するかの吹き出しが表示されます。作成したい項目をタップします。ノートをタップしてみましょう。

選べる用紙が目に飛び込んできます。
縦向き横向きはもちろん、自分の用途にあった用紙を選べます。
用紙は、GoodNotes標準からA7(iPhone)、A4、A3、レター等のサイズも豊富。

用紙サイズを選択する吹き出しで、用紙のカラー(イエローor白)を選べます。
私はイエローが好みです。
中身も、無地や方眼、横罫、さらには月間予定や週間予定、楽譜などが書ける音楽罫まであります。

次に表紙をタップします。ノートで縦向きを選択すると、表紙も縦向きとなります。
シンプルなものから、モダンなデザインのものまで、自分の好みに合わせて選択できます。



表紙、用紙のテンプレートが非常に豊富です。
(画像はテンプレートの一部のみです)

スポンサーリンク

機能は?

GoodNotes5にはたくさんの機能があります。
1つずつ見ていきましょう。
せっかくなので、手書きで色々と書いた画像になっています。
字が汚くてすみません・・・

ペン

メインの筆記具です。



ペンは、万年筆、ボールペン、筆ペンの3種類あります。


万年筆は、筆圧によって幅が変わります。

ボールペンは、そのままフラットです。

筆ペンは、筆圧によって幅の変化が大きくなります。

太さも3種類から選ぶことが可能。

実際に書いてみても、遅延などは感じられず、非常に良い書き心地です。

マーカー

マーカーはいわゆる蛍光ペンです。



色、太さも自由に選べます。
「直線で書く」をオンにすると、マーカーで引いた線は、補正がかかって、まっすぐな線になります。これも非常に便利です。

消しゴム

そのまんま消しゴムです。字や線を消す事ができます。



GoodNotes5の消しゴム機能は、他のノートアプリと違って、非常に便利な機能があります。

「ストローク全体を消去」をオンにすると、線全体を、一度に消す事が可能です。

これも便利な機能の一つだと思います。

蛍光ペンのみ消去をオンにすると、蛍光ペンの部分だけを消す事ができます。

ただし、オンのままにしておくと、字や線を消す事ができないので、注意が必要です。

シェイプ

図形を描くときに使用します。


シェイプを選択してから、直線や円、四角や三角の図形を描くと、自動で補正がかかり綺麗な図形を描く事ができます。

僕は、字が下手なので、図形くらいは綺麗に書きたいので、とっても重宝しています。

なげ輪

書いた文字や図形を選択するツールです。
点線で囲まれた部分は、好きな場所に移動する事ができます。
また、囲まれた部分を長押しするとポップアップが表示されて、スクショを撮る事ができたり、カットやコピー、削除ができます。

この部分が、普通のノートと一番違うデジタルならではの、便利な機能だと思います。
行の間に、別の文を入れる時、普通のノートであれば、一度消してから、文を追加して、さらに消した文を書き直す必要がありますが、この機能があれば、移動してスペースを空けるだけでできます。

イメージ・カメラ


イメージは、カメラロールから、画像を読み込むことができます。
カメラは、そのままiPadで写真を撮って、その写真を貼付する事が可能です。
もちろんドラッグ&ドロップでも画像を取り込むことも可能です。
これも、デジタルならではですよね。

テキスト


キーボードを使っての入力にも対応しています。

スポンサーリンク

ノートの管理方法は?

作成したノートの管理も非常に分かりやすいです。
フォルダを作成できるので、カテゴリー毎や作業内容毎など、自分好みで管理する事ができます。

ノートを新規作成した時と同じように、+をタップしてメニュー吹き出しを出します。

フォルダ名を入力します。



右側の▽をタップすると、フォルダの移動や削除メニューが表示されます。
使い慣れたMacのFinderアプリと同じように管理する事ができます。



サムネイル表示やアウトライン表示で、ノート全体を見やすくすることも可能です。ページ単位での、コピー、削除、書き出しができます。



ページ送りも、縦方向、横方向に変更が可能です。横方向のページ送りが一般的ですが、縦へのページ送りができるのは珍しいですね。



検索についても、ノートのタイトルだけではなく、手書きの文字、テキストも検索可能です。探したい文章のタイトルを思い出せない時などは、非常に便利です。

ドラッグ&ドロップにも対応しています。



ドラッグ&ドロップでPDFファイルを取り込む事が可能です。

ズームウインドウ機能があります。



細かなところに文字を書く場合など、枠部分を拡大して文字を書き込む事ができます。枠部分は、自動で右へシフトされていきます。

スポンサーリンク

GoodNotes5のまとめ

ここまでGoodNotes5についてデザインや使い方などを見てきました。
自分なりに感じた点をまとめてみました。

良い点

表紙や用紙のテンプレートが豊富

手書き文字の検索ができる

フォルダでの管理が使いやすい

悪い点

ペンの太さが3種類と少ない

総合的にみても、非常に使いやすいノートアプリだと思います。
GoodNotes4は、使った事がないため、5と比べることはできませんが、4ではできなかったことも、5にアップデートされてできるようになりました。
有料ではありますが、非常にオススメできる、ノートアプリです。

次回は、NoteShelf2 をご紹介したいと思います。
次回も楽しみにして頂けると、幸いです。

感想やご質問などコメントもらえたら嬉しいです!

最後に、このブログが皆さんのお役に立てたら幸いです。
Twitterでもいろいろとつぶやいていますので、よければフォローお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました