【レビュー】HYPER DISK ”速い・小さい・軽い” 3秒子そろったポータブルSSD

mono
この記事は約6分で読めます。

最近よく見かけるようになったポータブルSSD
僕も愛用している一人です。
価格もひと昔前と比べると安くなって、手にしやすくなりましたからね。

そこで今回、クラウドファンディングで有名なMakuakeに出品予定のポータブルSSDをレビューする機会を頂きました。

その製品は、アイスモードさんの「HYPER DISK」です。



早くて、小さくて、軽い

と3秒子そろった素晴らしい製品です。

本日(2/14)からクラウドファンディングMakuakeにて出品が開始されました。
お得に買えるプランは数量限定ですので、気になる方はお早めに。

Makuake|【世界最小&最速クラス】1TBがカードサイズに!最新SSD『HyperDisk』|マクアケ
データ社会で生き抜くには、ポータブルストレージはもはや欠かせないツール。しかし、転送スピートが遅かったり、ストレージが大事な時に不足していたり、重くて持ち運びが面倒、互換性が悪い…などといった悩みもつきものです。 そんなデータ保存へのストレスを刷新すべく、誕生したのが新世代のポータブルSSD「HyperDisk(...


早速レビューしたいと思います。

スポンサーリンク

 HYPER DISK レビュー

HYPER DISKはどんなSSD?

アイスモードのHYPER DISKは「FAST・COMPACT・LIGHTWEIGHT」
をコンセプトに作られたポータブルSSDです。
仕様をまとめてみました。

項目内容
サイズ66.7mm x 37.9mm
2TB→134.7mm x 37.9mm
厚さ10.7mm
重量45g
容量512GB・1TB・2TB
最大読み込み速度1,000MB/s
最大書き込み速度900MB/s
ポートUSB Type-C
(USB3.1 GEN2対応)
対応OSMacOS・Windows・iPad OS13

かなりコンパクトで軽量です。
その分無くしちゃうかもと、心配するくらいコンパクトになってます。

パッケージ・外観デザイン


白をベースに製品写真が中央に印刷されたシンプルなデザイン。



裏面には、3カ国語で製品の特徴が書かれています。





本体もしっかり梱包されていて、本体の下にケーブルが2本入っています。

付属品
・USB A to Cケーブル x 1
・USB Type-C to Cケーブル x 1



取扱説明書等は入っていませんでした。

手元にあるのが出品前のサンプル品なので入っていないだけかもしれません。
出品後の製品には取扱説明書等が入っていると思われます。




サンプルはブラックです。
他のカラーが出品されるかわかりませんが、できればMacBookに合わせたシルバーやスペースグレイがあると嬉しいですね。



アルミニウム素材の本体は長方形で天板部分が波打ったようなデザインになっています。
とてもしっかりした作りになっています。


本体左側面にUSB Type-CポートとLEDがあります。
SSDを繋いだ時にLEDが白く点灯するようになっています。
この点も分かりやすくていいですね。



本体右側面には何もありません。




本体左上に小さくHYPER DISKのロゴが印刷されています。
USBポートが本体左側面にあるので、このロゴが目印になってケーブル挿す時に便利。

サイズ比較

愛用しているSanDiskのポータブルSSDとサイズ感を比較してみました。
ちなみに容量は2つとも512GBのものです。





SanDiskのポータブルSSDもコンパクトですが、それよりもさらにコンパクトです。
厚さはHYPER DISKがほんの少しだけあります。

ポイントカードと比較しみると、そのコンパクトさがより分かると思います。




それにしてもポータブルSSDはどこまでコンパクトになるんですかね〜

重さも比較してみました。




HYPER DISKが45g
SanDiskが42g

SanDiskの方が3g軽いです。
HYPER DISKの本体はアルミニウム素材なのでサイズは小さくても、その分重量は出てしまうのかもしれません。
ただ3gの差なので持った感覚に差は感じませんでした

Makuake|【世界最小&最速クラス】1TBがカードサイズに!最新SSD『HyperDisk』|マクアケ
データ社会で生き抜くには、ポータブルストレージはもはや欠かせないツール。しかし、転送スピートが遅かったり、ストレージが大事な時に不足していたり、重くて持ち運びが面倒、互換性が悪い…などといった悩みもつきものです。 そんなデータ保存へのストレスを刷新すべく、誕生したのが新世代のポータブルSSD「HyperDisk(...

お得に買えるプランは数量限定ですので、気になる方はお早めに。

速度測定

1番気になる速度について測定しました。
今回測定に利用したのは
MacBook Air2019(CPU:1.6GHzデュアルコア メモリ:16GB)
測定アプリ:AJA SYSTEM TEST
SSDの容量はどちらも512GBです。
MacBookにそれぞれに付属していたケーブルをつかって繋いでいます。



繋ぐと「S2」というボリュームラベルで接続されていました。


まずは、HYPER DISK (1GBと4GBの2つの容量で測定)



 1GB4GB
書き込み速度823Mb/s824Mb/s
読み込み速度930Mb/s920Mb/s


次に、SanDisk (1GBと4GBの2つの容量で測定)



 1GB4GB
書き込み速度443MB/s434MB/s
読み込み速度509MB/s507MB/s


結果はHYPER DISKの圧勝です。
書き込み、読み込みともにSanDiskのほぼ倍以上の速さです。
ちなみにSanDiskの付属ケーブルでも試してみましたが結果は同じでした。
とにかく速くて、正直驚きました。
この速さを体感すると他のSSDが遅く感じてしまうかもしれません。
速度については非常に満足

ここで1つ気になったのが付属のケーブルの長さ



SanDiskの付属ケーブルは17cm、HYPER DISKのケーブルは45cmとちょっと長め。
SanDiskのケーブルの方が使い勝手は良かったです。

iPad Proにで使ってみる



iPad Pro11インチに接続して試してみることに。
MacBook同様、繋ぐと「S2」というボリュームラベルで接続されていました。


ちなみにファイル(54MBの動画と2MBのJPG)のコピーにかかる時間を測定してみたら
コピーは一瞬でした。





ストップウォッチで測る準備していましたがそんな余裕もないくらいでした。
とにかく早かった!
外出先でもストレスなくファイル操作が出来るようになるので、とても便利。

Makuake|【世界最小&最速クラス】1TBがカードサイズに!最新SSD『HyperDisk』|マクアケ
データ社会で生き抜くには、ポータブルストレージはもはや欠かせないツール。しかし、転送スピートが遅かったり、ストレージが大事な時に不足していたり、重くて持ち運びが面倒、互換性が悪い…などといった悩みもつきものです。 そんなデータ保存へのストレスを刷新すべく、誕生したのが新世代のポータブルSSD「HyperDisk(...

お得に買えるプランは数量限定ですので、気になる方はお早めに。

スポンサーリンク

 HYPER DISK レビュー まとめ

ここまで外観やデザイン、速度についてみてきました。
いかがでしたか?
普段は良かった点とイマイチな点を書いてるのですが、今回はイマイチな点がありませんでした。
強いて言えば、アルミニウム素材なので本体持った時にちょっと滑りやすい事と付属のケーブルが長い事くらい。



言葉通り、速くてコンパクトで軽い
特に書き込み、読み込み速度が今まで使ってきた外付けストレージの中ではダントツの速さ
これだけでも非常に満足です。
いつも持ち運ぶiPad Proでもストレスなく使えるので、頼りになる相棒が増えた感じです。



もちろんSanDiskのポータブルSSDもおすすめですが、大容量のファイルや大量にファイルの操作をする人には、特にオススメできる製品です。

またiPadやMacBookを購入する時、ストレージの容量でいつも悩んでいましたが、HYPER DISKのようなポータブルSSDが登場してくれるとストレージの容量は最低限で、その分CPUやメモリに費用を回すことができるようになるので、嬉しい限りです。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

本日(2/14)からクラウドファンディングMakuakeにて出品が開始されました。
お得に買えるプランは数量限定ですので、気になる方はお早めに。

Makuake|【世界最小&最速クラス】1TBがカードサイズに!最新SSD『HyperDisk』|マクアケ
データ社会で生き抜くには、ポータブルストレージはもはや欠かせないツール。しかし、転送スピートが遅かったり、ストレージが大事な時に不足していたり、重くて持ち運びが面倒、互換性が悪い…などといった悩みもつきものです。 そんなデータ保存へのストレスを刷新すべく、誕生したのが新世代のポータブルSSD「HyperDisk(...

この機会をお見逃しなく。

今回使ったSanDiskやMacBook Airのレビュー記事も書いてますので、気になる方は是非!

【レビュー】MacBook Air(2019モデル)ファーストインプレッション
MacBook Air(2019年モデル)のファーストインプレッションです。 Airの特徴や使い勝手をまとめました。
【レビュー】おすすめポータブルSSD SanDisk Extreme
おすすめポータブルSSD SanDisk EXtremeポータブルSSDのレビュー。コンパクトで軽量。外出先での作業も楽々です。


感想やご質問などコメントもらえたら嬉しいです!

最後に、このブログが皆さんのお役に立てたら幸いです。
Twitterでもいろいろとつぶやいていますので、よければフォローお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました