ロック画面から最速でメモを取る方法(インスタントメモ)

HowTo
この記事は約3分で読めます。

皆さんこんにちは、soumanパパです。
前回は、「iPad Proをもっと便利にシリーズ〜第1弾〜」として AssitiveTouch機能で、Apple Pencilを使ってホーム画面に戻ったり、Appスイッチャーを起動できる等の、便利な方法をご紹介しました。今回は、シリーズの第2弾として「ロック画面から最速でメモを取る方法」をご紹介したいと思います。

愛用しているiPad Pro 11インチは、Apple Pencilとの組み合わせが、非常に便利ですよね。普段、iPad ProとApple Pencilを使ってメモを取る時は、一度ロック解除して、メモアプリを起動する方法が、一般的ですね。この方法でも、すぐにメモを取ることが出来るので、問題ないと思いますが、Apple Pencilを使えば、瞬時にメモを取れる機能があります。「インスタントメモ」機能です。この機能を使って、iPad ProとApple Pencilの組み合わせを、さらに最強にしましょう!!

早速、「インスタントメモ」の設定方法をみていきましょう。

設定方法は、すごく簡単です。
「設定」→「メモ」からロック画面とコントロールセンターにある「ロック画面からメモにアクセス」をタップします。3つ項目があるので、その中の「常に新規メモを作成」もしくは、「ロック画面で最後に作成したメモを再開」にチェックをいれるだけです。

 

 

「常に新規メモを作成」
 ・常に新規のメモが開きます。
「ロック画面で最後に作成したメモを再開」
 ・メモを利用した最後のページが開きます。
 ・時間を指定すると、メモ利用後、指定時間を経過した後に、ロック画面をタップすると新規メモが開きます。
「”メモ”Appで最後に表示したメモを再開」
 ・メモを利用した最後のページが開きます。
 ・時間指定するとメモ利用後、指定時間を経過した後にロック画面をタップするとパスコードが要求されます。

「ロック画面で最後に作成したメモを再開」と「”メモ”Appで最後に表示したメモを再開」の時間指定については、ちょっと、分かりづらいかもしれませんね。オススメの設定は、「常に新規メモを作成」ですね。

実際に試してみました。

こんな感じで、ロック解除をしなくても、iPad Proの画面にApple Pencilを当てるだけで、メモアプリが起動して、メモを取ることが出来ます。すっごく便利ですよ!

「オフ」にチェックを入れると、文字通り、ロック画面から、メモが起動しなくなります。

いかがでしたでしょうか?

このように「インスタントメモ」機能を使って、iPad ProとApple Pencilの最強の組み合わせで、快適なiPad Pro LIFEを送ってください。

感想やご質問などコメントもらえたら嬉しいです!

最後に、このブログが皆さんのお役に立てたら幸いです。Twitterでもいろいろとつぶやいていますので、よければフォローお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました