Smart Keyboard FolioとLogicool Slim Folio Pro Caseで悩んでいます??

ipad
この記事は約4分で読めます。

皆さんこんにちは、soumaパパです。

今回は、今使っているiPad Pro 11インチに、キーボードケースを付けてフル装備にしたい、と思い書きました。 現在のiPad Proの主な利用目的は、打ち合わせのメモや、ブログの骨子を考えたり、思いついたこと書いたり、あとは、動画やWebの閲覧などです。メモや骨子を考えたりする時は、Apple Pencilを使って手書きで書くことがメインです。これだけでも、十分便利なのですが、外出先でもキーボード使って、ブログの下書きを書きたいと思い始めて、Amazonさんなどでも評価の高かった、icleverの折り畳みキーボード「IC-BK06を買って、実際に使ってみました。高い評価だけあって、打鍵感も良く、途中で途切れるようなこともなく、それなりに快適に使えました。独特の形状ですが、慣れればとても打ちやすかったですよ。

ただ、外出する時に、iPad Proとキーボードの2つを持っていかなければならないのと、カフェなどで使う時に、まずiPad Pro出して、それからキーボード出してと、ほんの少し手間がかかること、たま〜に、キーボードを持っていくのを忘れたりと、ちょっと不便かなぁと感じてました。それなら、いっそ、キーボード付きカバーにしてしまえばいいんじゃないかと思い、下の2点に絞ってみました。

Apple純正 Smart Keyboard Folio

まずは、言わずとしれた、Smart Keyboard Folioです。純正だけあって、デザイン、機能も良く、多くの方が使われていると思います。Smart Connectorでペアリングの必要もないですし、キーボードの充電も不要ですっごく便利ですよね。iPad Proに装着するのも簡単で、軽い。

やっぱり、これ一択かなぁ〜と思っている時に、Logicoolから「Logitech Slim Folio Pro Case with Integrated Bluetooth Keyboard for 11インチiPad Pro」が、発売されました。

Logicool Logitech Slim Folio Pro Case

こちらも、前モデルの時も発売されていましたが、やっとiPad Pro 11インチモデルも発売されました。バックライトキーを装備しており、明るさは3段階で調整できて、夜間や照明の暗い場所でもタイピングしやすくなっています。キーボードを広げてのタイピング角度をつけてたたんでスケッチモード完全にたたんで裏返しての読書モードと使い方にあわせた3モードに対応しています。また、スクリーンの明るさ調整、ボリューム調整、バッテリー残量チェックできるショートカットキーも付いています。なにより、Apple Pencilを収納するスペースもあって、落下や紛失も防げそうです。

Smart Keyboard FolioとSlim Folio Pro Case 比較

この2点の違いを、下にまとめてみました。

 Apple Smart Keyboard FolioLogicool Slim Folio Pro Case
重さ295g556g
厚さ14mm21mm
接続装着のみBluetooth
バックライトキーなしあり
ショートカットキーなしあり
日本語(JIS)対応ありなし
角度調整2パターン(60度 70度)1パターン(65度)
スケッチモードあり(7度)
その他保護(前面・背面・4隅)保護(前面・背面)
Apple Pencilホルダ付き
価格¥19,800(税別)¥13,800(税別)

まず、Smart Keyboard Folioは純正だけあって、デザインがとてもスッキリしていて、重さもSlim Folioよりもかなり軽いですね〜。充電も気にしなくてもいいですし。
気になる点は、Apple Pencilを使う時に、キーボードを裏返して使うのですが、角度がつけられないので、ちょっと書きづらくなりそうです。あとは、やっぱりお高いですね。価格差6,000円は、大きいです。あと2,000円追加すると、AirPodsのワイヤレス充電対応ケースが買えてしまいます。この差が一番気になるかもしれません。

次に、Slim Folio Pro Caseは、バックライトやボリューム調整などのショートカットキーは非常に便利そうです。スケッチモードとして角度をつけて裏返しにできるところも、Apple Pencilを頻繁に使う私には非常に魅力的ですね。
気になる点は、iPad Proを4隅をカバーできて衝撃から守れるようになっているので、ゴツくなってしまいます。守れるところはいいのですが、大きくなってしまうのはちょっと。でも、これは、傷から守るか、守れる分大きさを犠牲にするかの、ケースにつきまとう問題なのでしょうがないのですが。。。
一番気になる点は、やっぱり重さでしょうか。Smart Keyboard folioの倍近くの重さなので、iPad Proと合わせると1kgはゆうに超えてしまいます。重くなると、普段持ち歩くのが億劫になりそうです。

ここまで、2つのキーボードケースについて見てきましたが、どちらも良い点と、ここはちょっと、と思う点がありました。最終的にSmart Keyboard Folioは気軽にキーボードが使える点、Slim Folio Pro Caseは機能的で便利な点、の2点と普段Apple Pencilとキーボードのどちらを使う頻度が高いかを、よく考えて決めようと思っています。

買うなら、皆さんはどちらでしょうか?

ご意見などをコメントに頂けると嬉しいです!

最後に、このブログが皆さんのお役に立てたら幸いです。Twitterでもいろいろとつぶやいていますので、よければフォローお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました