LAMY サファリのニブを自分で交換してみたら思った以上に簡単だった!

Stationery
この記事は約3分で読めます。

最近万年筆を使って文字を書くことが日に日に増えてきたんです。

ブログのラフな下書きや予定や計画とか色々と。



そんな中、いつも愛用しているLAMYサファリ オールブラックの書き味が今ひとつって感じで、書いてる途中にかすれることも多くなってきて。

これが結構ストレス・・・

ペンクリニックで診てもらいたいけど、コロナの影響でそれも難しい。

とう言うわけで、たまたまネットでオールブラックのニブが売っていたので購入して自分で交換してみることに

これが思っていた以上に簡単!
セロテープ
さえあれば簡単にできちゃいます。

せっかくなので簡単に交換方法をまとめてみました。



これ読んで頂けると簡単にLAMYサファリのニブ交換を自分でやれちゃいますよ

スポンサーリンク

 LAMY サファリ ニブ交換方法

順を追って説明していきますね。

準備するもの



LAMYサファリ用のニブ。
これがないと始まらないですよね。

今回はFからMへ交換するのでMを購入。

購入先は、Amazonです。
ネットで調べると楽天やyahooショッピングでも売っているようです。
価格は1,280円。
もう1,000円ほど足せばAmazonだとサファリが買えちゃう価格です。



でも今使ってるオールブラックはすっごく気に入っていて、長く使いたいので交換することに。



次にセロテープです。
ニブを軸から外す時に使います。
100均の物で十分です。
セロテープの幅は、ニブと同じくらいか、それより太い幅がオススメです。
ちなみに今回使用したのは15mmです。

準備するのはこの2点だけ。

ニブにセロテープを貼る

ここからが具体的な方法になります。

あ!交換作業の前に必ず洗浄することを忘れないでくださいね。
インクが入ったままだと、ニブを外した時にとんでもないことになりますので。
忘れずに!



ニブにセロテープを貼り付けます。
長さはニブの倍くらいがちょうどいいといいです。
短すぎると後々の作業で困るので、セロテープは長めに

ニブを外す




ニブからはみ出した部分のセロテープを指でつまみます。
セロテープが短いとつまめません。

つまんだら、後は一気に引っ張ります。
ゆっくりではなく、勢いつけて一気にです。



画像のように、簡単にニブが外れたと思います。
思っていた以上に簡単に外れます。

新しいニブを取り付ける

次に新しいニブを取り付けます。



ペン芯にニブをはめ込みます。

サファリの場合、ニブに芯と合わせる溝があります。
それに合わせて入れるだけ。
これもとっても簡単

しっかり奥まではめ込みます。
この時にペンポイントに触れないように注意してください



これで交換完了です!



裏から見ると溝にきっちりハマっているのが分かると思います。



ニブとペン芯にもスキマなく、ピッタリとはまっています。

スポンサーリンク

 まとめ LAMYサファリのニブ交換はとっても簡単!

順を追ってLAMYサファリのニブ交換方法をご紹介しました。
思った以上に簡単でしたよ。



落としてペン先が曲がったり、ニブの種類を変えたい時があれば、是非参考にしてもらえたらと思います。

セロテープさえあれば簡単にできちゃいますので。



これでお気に入りのLAMYサファリ オールブラックを長く使っていくことができるので、とっても満足。

【レビュー】LAMY AL-star オールブラック 質感・書き味が良い お手軽万年筆!
LAMY AL-star オールブラックのレビューです。定番のサファリと違って軸とキャップがアルミ製。握りやすくて書き心地も抜群。お手軽万年筆で超オススメです。

感想やご質問などコメントもらえたら嬉しいです!

最後に、このブログが皆さんのお役に立てたら幸いです。
Twitterでもいろいろとつぶやいていますので、よければフォローお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました