スマホ用マイクLnagogo Mini レビュー 専用アプリNottaとの組み合わせがとっても便利!

mono
この記事は約8分で読めます。

皆さんお久しぶりです。ソウマパパです。
今回はいつもとちょっと違った製品をレビューしてみました。

今回ご紹介するのは、スマートフォンに取り付けるミニ集音マイク「Langogo mini」と専用アプリ「Notta」のご紹介。



見かけによらず離れたところの音声まで拾える優れもの。
専用のアプリ”Notta”と組み合わせて利用することで、AI自動文字起こし翻訳ができとても便利に使うことができます。

昨今コロナの影響でリモートでの打ち合わせが増えましたよね。

パソコン画面見ながら議事録やメモを取る時、キーの打鍵音が気になってちょっとやりにくく感じた事もあったりと。
ノートに手書きでもいいけど、後から文字を起こすのは面倒。
そんな時にLangogo MiniとNottaがとても便利で威力を発揮してくれます。

本製品は現在Makuakeにて応援購入が可能になっています。

なんと掲載開始25分で目標金額を達成

すでに受付終了となっているプランもありますので、気になる方はぜひ記事より先にチェックしてみてください。

Makuake|4in1作業効率化の神ツール!議事録はAIに任せる時代へLangogo Mini|マクアケ
人工知能の音声技術に定評のあるLangogo(ランゴーゴー)から、作業効率を爆上げする自動文字起こし+翻訳ツール「Langogo Mini(ランゴーゴー・ミニ)」が日本に初上陸! Langogoは、クリアな音声の録音、AI自動文字起こし、議事録の編集・共有、翻訳などが簡単にでき、お財布にも入れられるサイズを実現し...

今回サンプルをご提供頂きましたのでいち早く皆様にレビューをお届けしたいと思います。
では早速実機を見ていきたいと思います。

広告

 Langogo Miniはどんな製品?

実機を見る前にLangogo Miniの特徴やスペックを少し。

Langogo miniはスマートホン用の集音マイク。
マイクには、単一指向性のコンデンサーマイクが2つ採用されており、最大9メートル、130度の集音が可能

単一指向性とは、正面から来る音への感度が非常に高く、背面から来る音に最も感度が低い特性を持ってもています。



話している人へ向けるとクリアに集音ができ、周りの雑音が入りにくいです。

オートゲインコントロールも採用さ入れているので音の大小にかかわらず、全体の音量を均一に自動調整してくれます。

本体サイズは60.8mm x 25.4mm 24g



とてもコンパクトで軽量と持ち運びも苦になりません。

使い方もとても簡単!
マイクとスマートフォンとの接続方法は、挿すだけ。
ペアリングも必要ありません。

Bluetooth接続ではないので、突然接続が切れるようなこともなく安心して使えますね。
さらにマイク自体充電も必要ないので、使いたいときにサッと使えます。



接続端子は、USB Tytpe-CLightningの2種類。
お使いの端末に合わせて選べます。

Lightning接続はApple公認のMFI認証を取得済みなので安心して利用できます。

広告

 Langogo Mini 外観

今回試したのはiPhone用。
ではいつものようにパッケージから。




パッケージはAppleの純正品を思わせるような白。
デザインもシンプルで、僕は好みのデザイン。

付属品はマニュアルとマイクスポンジ。
このマイクスポンジは外での録音時に風切り音が入るのを軽減してくれます。



日本語にも対応。

では肝心な本体。


本体上部には「Langogo」のロゴ。
ロゴの面を録りたい音の方向に向けるようになります。




本体の素材にはアルミニウム合金を採用。
色はマイク部分がシルバーでエッジはゴールドになっています。
筐体自体はブラックでマット調に加工されているので指紋等が付きにくくなっています




付属のマイクスポンジも専用設計なのでピッタリフィットします。
別売りでさらに風切り音を軽減できるウインドマジャーも用意されています。



全体的にバリや組み合わせのズレもなく、非常にシッカリした作り。
安っぽさもなく、見た目はとてもいい感じです。

広告

 Langogo Mini 使用方法

早速iPhoneに付けてみます。





接続はとても簡単。挿すだけです。
隙間もなくグラつく感じもありません。

マイクを挿すと「専用アプリがインストールされていません。インストールしますか?」と聞かれます。
必要ない方は「無視」をタップしてください。
※専用アプリ「Notta」については後ほど。

専用アプリを使わなくてもマイクとして使用可能です。
実際にボイスメモを使って録音してみました。



Langogoを装着しないで録音した時と装着して録音した時の波形を比較。



同じ内容を同じ声の大きさで試してみました。

画像のように装着した方が波形が大きくなっています。
しっかり集音できているのが分かります。

iPhoneのマイクに比べると音質もクリア。
マイクとしては必要十分だと思います。

広告

 Langogo Miniと専用アプリ”Notta”の組み合わせ

ここまでマイク単体での使用感をみてきました。
もちろんマイクだけでも十分使えますが、このマイクをさらに最強のツールとして使う組み合わせがあります。

それは専用アプリ「Notta」と組み合わせること。
Nottaは、iOSとAndroidのそれぞれに対応しています。



Nottaは、AIによる自動文字起こしが可能で、翻訳もできます。
翻訳は104の言語に対応しています。



録音時にリアルタイムで文字を起こしてくれて(プレミアム会員のみ)、起こした文章も後から簡単に編集ができるので、議事録作成などの時間も短縮できます。
音声マーキング機能もあり、マーキングした部分を聞き直すことも簡単。

また録音・自動文字起こしされたデータをメモアプリやtwitterなどにも転送、シェアが可能。
かなり多機能なアプリです。

アプリはもちろん無料で使えますが、有料のプラン(プラス会員・プレミアム会員)もあります。

それぞれの違いをまとめてみました。

 無料プラスプレミアム
毎月の文字起こし時間120分150分1800分
クラウドストレージ10GB150GB500GB
WAVとTXTファイルへのエクスポート
全ての会話を音声・テキストデータへのエクスポートが可能

全ての会話を音声・テキストデータへのエクスポートが可能

全ての会話を音声・テキストデータへのエクスポートが可能
DOC,PDF,SRTファイルも可能
複数デバイスとの同期
音声認識結果データ校正
音声ファイルのインポートX1度に5時間まで
wav,mp3,m4a,caf,aiff等のファイルがインポート可能
1度に5時間まで
wav,mp3,m4a,caf,aiff等のファイルがインポート可能
音声倍速再生XX
0.5倍、1.5倍、2倍
リアルタイム文字起こしXX
文字起こし結果の翻訳XX
価格無料6,100円(12ヶ月プラン)6,300円(6ヶ月プラン)


リアルタイム文字起こしと翻訳が有料会員、それも一番高いプレミアム会員のみってところが残念。
せめて、文字数制限等で区別するくらいにして、全ての会員が使えるようになるといいんだけど。

それでも、録音して文字起こしできる無料会員でも通常使う分には十分かな。

まずは無料で試してみて、「これは使える!」と感じたら有料会員になればいいと思います。

広告

 使用感

早速リアルタイム文字起こしを試してみました。

Langogo mini リアルタイム文字起こし

想像していた以上の速さで文字起こしがされました。

僕の滑舌が悪いせいかもしれませんが、一部正確に文字起こしされない部分も。
固有名詞の変換は苦手のようですね。

それでもこのスピードなら十分使える範囲だと思います。



言葉と言葉の間に「間(ま)」があると句読点としてや、文章の区切りとして表示されるようです。

次に英語の音声を録音し翻訳してみました。

日本語以外の音声を文字起こしする場合は「設定」から「文字起こし言語」をそれぞれ対象の言語に変更するのを忘れないでください。
自動では切り替わりません。



例えば英語音声の場合
文字起こし言語 → 英語

録音した英文は下記になります。

「This week I traveled to Chicago to deliver my final farewell address to the nation, following in the tradition of presidents before me.
It was an opportunity to say thank you.
Whether we’ve seen eye-to-eye or rarely agreed at all, my conversations with youth American people」

オバマ元大統領の最後の国民演説より



喋るスピードによって認識力にも差がありそうだけど、すごく優秀です。

文字起こしされた文章を翻訳するには、画面右上の青い部分をタップします。




翻訳したい言語を選択すると翻訳が開始されます。



「翻訳を見る」をタップすると結果が表示されます。
翻訳にかかった時間は、数秒程度で遅く感じることはありませんでした。



実際の文章は下記です

「今週シカゴを訪問しました。我が国に最後のお別れ演説をするためです。これは私の前の大統領達の伝統に従うことです。その演説は感謝の言葉を伝える機会でした。私たちの意見が一致したか、それとも全くそうではないかは関係なく、皆さんとの会話で、つまりアメリカ国民」

オバマ元大統領の最後の国民演説より

肝心の翻訳の精度は、残念ながら点数をつけると60点~70点くらいって感じかなぁと。

そのまま使えるほどの精度はないけど、言わんとしていることがわかるレベル。

補助的に使う分には満足できると思います。

広告

 まとめ

ここまでLangogo Miniの使い方、Nottaとの組み合わせでの使用感をみてきました。



いかがでしたでしょうか?

良かった点と気になった点を簡単にまとめてみました。

良かった点

・マイクの感度がとよくクリアに録音が可能
・充電・ペアリング不要で簡単
・リアルタイム文字起こしの精度が思っていた以上に高い
・軽量かつコンパクトで持ち運びも楽

気になった点

・リアルタイム文字起こしは有料会員(プレミア会員)のみ
・喋るスピードで認識できない時や誤認識をすることがある
・固有名詞や専門用語は認識されにくい
・翻訳の精度が録音された音声によってばらつきがある

 

僕自身、スマホで外部マイクを使ったり、文字起こしアプリを使うこと自体が初めてで、正直ここまでできるとは思っていませんでした。

マイク自体の性能は十分、文字起こしの精度も高いのでとても便利に使える製品と感じました。

翻訳機能は僕自身あまり必要としていないので、使えるか使えないのかの判断は難しいですが、補助的に使うには十分ではないでしょうか。

使用目的がボイスレコーダーとしてや文字起こし中心であれば、無料会員でも十分使えると思います。

気になる方は是非チェックしてみてください。

Makuake|4in1作業効率化の神ツール!議事録はAIに任せる時代へLangogo Mini|マクアケ
人工知能の音声技術に定評のあるLangogo(ランゴーゴー)から、作業効率を爆上げする自動文字起こし+翻訳ツール「Langogo Mini(ランゴーゴー・ミニ)」が日本に初上陸! Langogoは、クリアな音声の録音、AI自動文字起こし、議事録の編集・共有、翻訳などが簡単にでき、お財布にも入れられるサイズを実現し...

今日はここまで。

感想やご質問などコメントもらえたら嬉しいです!

最後に、このブログが皆さんのお役に立てたら幸いです。
Twitterでもいろいろとつぶやいていますので、よければフォローお願いします。

広告
広告
mono
soumapapaをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました