【レビュー】MacBook Air(2019モデル)ファーストインプレッション

MacBook
この記事は約5分で読めます。

今も使っているMacBook Pro(mid2012)
まだまだ現役で動いてくれているのですが、やはり外出先に持って行くには少し重たい。
替わりにiPad Pro11インチを持って外出先では使っていました。

特に不便さは感じていなかったのですが

強いて言うならば

Split Viewを使う時にやっぱり11インチでは画面が小さくて作業しづらい。

と感じることが多くなりました。
最初は11インチでも満足していたのに、慣れてくると小さく感じる。
慣れって恐ろしいですね・・・

そこで、 思い切って追加購入を決断!
やはりMacBook AirMacBook Proで悩みました。
が、最近は執筆作業が多くなって、高スペックなマシンでなくても十分
MacBookPro(2012モデル)もまだまだ動いてくれるので使い分けを前提にAirに決めました。

今回、MacBook Air(2019年モデル)、メモリ16GBストレージは128GBを選択しました。
ストレージは、クラウドサービスと自宅の外付けHDDで補えるので、128GBで十分かと。
ただしメモリは後からの拡張ができないので16GBにしました。

では早速届いたMacBook Airを見て行きましょう。

スポンサーリンク

MacBook Air(2019) 開封

いつもと変わらない白箱。
箱だけでも格好いい!

この透明のぺりぺりを剥がして箱を開けると、いよいよご対面。



ご対面です!
やっぱり美しい、美しすぎます!


中身はこんな感じ。
いつ見ても綺麗に梱包されています。


まずは付属品から。
いつものシンプルな取説電源アダプターUSB Type-Cケーブルの3点です。

りんごシールが白色ではなく、スペースグレイ色のシールに。
これはとっても嬉しい。

電源アダプターは30Wタイプです。

いよいよ本体です。
今回は、iPad Proに合わせてスペースグレイを選択。
どこから見ても美しいですね。



スポンサーリンク

MacBook Air(2019モデル) 外観

Airはやっぱり薄いですね。


Pro(2012モデル)と比べるとこの差。

右側面には、3.5mmヘッドホンジャックが1つ

左側面には、Thunderbolt3(USB-C)ポートが2つ
1つは電源供給用です。

蓋を開けると、すぐに電源が入っちゃうんですね〜
なので、保護紙が付いたままです。
これにはちょっと驚きました。

キーボードは第3世代バタフライキーボード。



他のレビューでは打ちづらいとか言われてましたが、思ったより使い心地は悪くないです。
バックライトも搭載されています。

 

キーボードの一番右上に、TouchID機能が搭載された電源ボタンがあります。



ログイン後、Apple Payの支払いやアプリインストール時の認証が指紋認証で行えます。
ロック画面解除も指紋でOK。すこぶる便利です。
ただし、電源投入直後、再起動後のログインにはTouch IDは利用できません。

トラックパッドは感圧タッチモデルで面積も大きくなって、使い心地が抜群にいいです。

スポンサーリンク

MacBook Air(2109モデル)を1日使った感想

  • 見た目が美しくて、格好いい



毎日触りたくなります。
Apple製品の、このデザインと質感の高さは他に代え難いものがあります。

 

  • 第3世代バタフライキーボードの入力も心地いい


打鍵感はペチペチって感じでしょうか。
この記事もAirで書きましたが、特に入力しづらくは感じられず、逆に心地よい打鍵感。
ミスタイプも多くありませんでした。

色々と不具合の多い第3世代バタフライキーボードですが、様々な改良がされてきているので、しばらく様子を見ながら使っていきたいと思います。

  • 音も想像以上にいい


スピーカーの配置が、後面からキーボードの両側面に変更されたことにより、音を正面から感じることができるので、その分音質が良くなったように感じます。

  • Touch IDが想像以上に便利

Airの初期設定を行う時に、何度かApple ID のパスワード入力を求められました。
その際、パスワードをいちいち入力しなくても指を乗せるだけでできる。



これは超便利でした。ロック画面の解除も指ひとつ
もうこの機能は外せないですね。

さてここまで簡単に触った感想なのど述べてきました。
結論は、私的には非常に満足できるレベルかなぁと。

Pro(2012モデル)に比べると非常に軽くなって、持ち運びも楽になったし。
True Toneテクノロジー採用で画面もとても見やすくなりました。

一番気になっていた第3世代バタフライキーボードも思っていた以上に打ちやすい。
電源もUSB Type-Cになり、使っているiPad Proとも共通になった事で、ケーブルも1本ですむところも気に入っています。



今まで執筆するときは作業部屋にこもっていましたが、これで子供達のそばでもできますし、外出先でもストレスなく作業ができるようになったこと、が一番大きかも。



今回は購入したばかりで良いとことろばかりになってしまいましたが、今後しばらく使ってみてのレビューも書きたいと思います。

感想やご質問などコメントもらえたら嬉しいです!

最後に、このブログが皆さんのお役に立てたら幸いです。
Twitterでもいろいろとつぶやいていますので、よければフォローお願いします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました