【レビュー】アップル純正 Magic Keyboard iPadにも使える最高のキーボード

mono
この記事は約8分で読めます。

今までMacBook Air用の外付けキーボードとして、クラウドファンディングでかなりの人気を集めたTaptekのBluetoohメカニカルキーボードを使っていました。
使い始めの頃は、青軸の心地よい打鍵感が非常に気に入っていたのですが、しばらく使っていくうちに手が疲れやすくなってきました。
フラットなキーボードは、僕にはあっていなかったようです。

クラウドファンディングで大人気「Taptek Keyboard」レビュー
クラウドファンディングで圧倒的な支援者数を得た話題のTaptek薄型ワイヤレスメカニカルキーボードレビューです。

AnkerのUltra Compact Bluetooh Keyboardも一応は持っているのですが
これもまた、あまりなじみませんでした。


今のままだとキーボードでの入力作業が辛くなってしまう。
そこで何か良いキーボードはないか探していました。

しかし、いろんなキーボードがあるもんですね〜
Amazon見ても沢山ありすぎてどれが良いんだか、見れば見るほど悩んじゃいました。

ふと考えると、今自分の中で一番打ちやすいのは
           MacBook Air(2019)のバタフライキーボード。
それならいっそ純正品がいいのではと思い、構造は違うけど
         Magic Keyboardを試してみることに。
※Magic Keyboardは通常のキーボードと同じシザー構造のキーボードです。



今更感ありありですが、改めてレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

Magic Keyboard 開封

今回はAppleストアではなく、Amazonにて購入。


増税で2%消費税が上がって高くなるし、Amazonの方が若干安くてアマギフもあったので。

では開封してみましょう。





箱がとっても薄い。これにはちょっとびっくり。
デザインはいつもの白でシンプルなもの。
透明のフィルムは、最近の剥がしやすいフィルムではなく、剥がしにくい方のフィルムです。



箱は横からスライドして開けるタイプ。
いよいよご対面。
いつもそうですが、この瞬間がたまらなく好きです。



中身は綺麗に梱包されています。
本体の下に、lightningケーブルと取説が入っています。



Magic Keyboardは、lightningケーブル(USB Type-A)で充電するタイプです。



次新しくなる時は、USB Typa-Cだと嬉しいのですが。



フィルムを剥がす瞬間、気持ちが高ぶります!




いつも思うけど、本当に美しい!
ずーと眺めてられます。



背面にはおなじみリンゴマークの刻印が入っています。

スポンサーリンク

Magic Keyboard はどんなキーボード

Magic Keyboardは、MacBookのバタフライ構造のキーボードではなく、通常のキーボードと同じシザー構造のキーボードです。



MacBookと違いキー自体の高さは多少高くなっています。
その分、安定して打てそうです。



それでもHHHKBやメカニカルキーボードよりははるかに低い作りとなっています。

ではサイズを見てみましょう。
幅279mm 奥行き115mm 高さ 4mm〜11mm









非常にコンパクトです




重さは230gとまあまあの軽さです。
Ankerのキーボードと比較してみます。



Ankerは220g(電池含む)とMagic Keyboardが10g重くなっています。
大きな差ではないと思います。





幅や奥行きなどはほとんど差がありませんが、高さがAnkerの方が高くなっています。
Ankerのキーボードは充電式ではなく、電池式のため電池を入れる部分が高くなっている感じですね。
電池式は、切れてもすぐに調達可能で便利ですが、最近はみなさんモバイルバッテリーを持ち歩いているので、万が一充電が切れてもすぐ充電できるので、そう大差はないと思います。



キーピッチは19mmと打ちやすいサイズ。
これ以上狭くなってしまうと、入力しづらいんですよね〜

Magic KeyboardはBleutooh接続のワイヤレスキーボードです。
MacBookやiPadと接続するには、Bluetooh設定でペアリングできますが、直接lightningケーブルでつなぐ方法が楽です。繋ぐだけでペアリングができます。



上側面中央に、lightningの差し込み口があります。



電源ボタンがキーボードの上側面右側にあります。
右にスライドして緑色になったら電源ONの状態。

スポンサーリンク

Magic Keyboard を使ってみた

MacBook Airとの接続

早速、MacBook Airと接続。
接続方法は、Bluetoohでのペアリングとなりますが、Magic Keyboardはlightningケーブルを繋ぐだけでペアリングも自動で行なわれます。
ペアリングは、初回だけなのでお好みの方法で。



ペアリング後は、ケーブルを外して使うことが可能です。
ケーブルを繋ぐのは初回のみでOK。それ以降はBluetooh接続で利用できます。
ちょっとしたことですが、便利ですね。
これが純正の強みでしょうか。



僕のMacBook AirにはUSB Type-Aの挿入口がないため、USB Type-Cハブを介して繋ぎました。
特に問題なく接続できました。

Magic Keyboardで入力してみた!

早速試し打ち。



第一印象として、力もあまり必要なく非常に打ちやすいです。
思っていた以上に打鍵感もしっかりあるし、かといって力を入れなくても反応してくれます。
僕には、高さの低いキーボードがあっているようです。
MacBook Airと比べても、甲乙付け難いですね〜



どちらも違和感なく打ち心地も上々です。
この記事もMagic Keyboardで書いてみましたが
ストレスもなく、疲れることもなく、快適に入力できました。



打鍵音は、MacBook Airのバタフライ構造のキーボードよりは多少大きく感じますが、気になるレベルではないと個人的には思います。
外出先でも使えるレベルだと。あくまでも個人的な感想ですが。

僕が購入したのはJIS配列ですが、他にもUS配列もあります。
JIS配列だと、ホームポジションが若干左寄りになってしまうので、入力しづらく感じる人もいるようですが、僕は気になりませんでした。



ちなみにTaptekとAnkerのキーボードはUS配列でした。

iPad Proと接続してみた

iPadとの接続もMacBookと同じ方法です。
ただiPad Proと直接接続する場合は、USB Type-C lightnihgケーブルが別途必要。
今回は、Bluetoohの設定から接続してみました。
Magic Keyboardの電源をONにして、iPadの「設定」「Bluetooh」を開きます。



その他のデバイスの項目に「Magic KeyBoard」が表示されるので、タップします。



自分のデバイスの項目にMagic KeyBoardが表示されて、接続済みになっていればペアリング完了です。
簡単ですね。



入力時の遅延などもなく、快適に入力できます。
iPadやiPad AirでもBluetoohの設定から同じ方法でペアリングできます。



iPadには純正のSmart keyboard Folioもありますが、2万円近くするので買うのをためらっている人には、iPadとMagic Keyboardとの組み合わせがいいかもしれません。
持ち運びも特に苦にはなりそうもないですよ。

スポンサーリンク

まとめ Magic Keyboard 最高のキーボード

ここまで開封から接続方法、実際に使ってみた感じをレビューしてきました。

Magic Keyboardのおすすめポイント、イマイチなポイントをまとました。

Magic Keyboard おすすめポイント
・軽い力でも反応して入力しやすい
・スリムで軽くてデザインも良い
・充電式で電池交換の必要がない
・iPadでも使える

執筆活動が多い僕にとっては、今回非常に良い買い物ができたと思っています。
もっと早く買っておけば良かったと。

Apple純正品は価格が高いので、どうしても価格の安いサードパーティー製の製品に目がいってしまうのですが、今回は最初から純正のMagic KeyBoardを買っておけばと後悔したほど。

Magic Keyboard イマイチポイント
・Touch IDが使えない

現在使用しているMacBook AirはTouch IDを搭載しています。
起動後にロックがかかっても、指紋認証で解除ができます。
Magic Keyboardには、まだTouch IDは搭載されていないので、指紋認証ではなくパスワードの入力での解除となります。
今後搭載してもらえると、ますます便利になるのですが。
Appleさんよろしくお願いしますね。

スポンサーリンク

おまけ 僕が使っているiPad用のおすすめアクセサリ

現在使用しているのが、iPad Pro11インチです。

カバーは、やはり価格が高かったのでサードパーティ製を使っています。
使っているのは、ESRのスマートカバーです。


こいつはなかなか良くて、材質は流石に純正には劣るものの使い勝手は問題なし。
このカバーは安くておすすめの商品です。

画面保護用のフィルムは、エレコムのペーパーライクフィルムを貼っています。

これを貼ると、本当の紙に書いているような感覚で、Apple Pencilを使うことができます。
これはリピしたい商品の1つ。

最後は、スタンドです。
スマートカバーでiPadを立ててMagic Keyboardを使うと、画面が低くなり前かがみの姿勢になり長時間作業を続けると、背中がバキバキに。
スタンドと組み合わせることで、目線が高くなり、入力も非常にしやすくなります。

使っているのが、Lomicallのタブレットスタンドです。

台座部分が、iMacっぽくなっていてデザインも良いですし、iPad Pro11インチを乗せてもぐらつき無し。
動画など視聴するときにも重宝しています。一押しのスタンドです。

感想やご質問などコメントもらえたら嬉しいです!

最後に、このブログが皆さんのお役に立てたら幸いです。
Twitterでもいろいろとつぶやいていますので、よければフォローお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました