【レビュー】Magic KeyboardでiPad Proが最強のツールに!

Apple
この記事は約7分で読めます。

待ちに待ったiPad用のMagic Keyboardが我が家にも。



iPadOSの登場でより使いやすくなったiPad。

それがさらに最強のツルーになりそうなアイテムがMagic Keyboard
実力はどんなものなのか、今使っているSmart Keyboard Folioなどと比較しながらご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 Magic Keyboardの特徴

Magic KeyboardはiPad Pro専用のキーボード。
11インチ用と12.9インチ用とそれぞれのサイズに対応したキーボードになっています。



稼働範囲は少し狭いけどフローティングカンチレバーによって自分の好きな角度に調整がで可能。



シザー構造のキーボードを採用し、タイピングもしやすくなったようです。



Magic KeyboardにはUSB TYPE-Cポートが1つ付いています。
このポートを介してiPadを充電することが可能。
充電のみでデータ転送には対応していません。

スポンサーリンク

 Magic Keyboard レビュー

早速、実物を見ていきたいと思います。

パッケージ




いつもの白いパッケージ。
これを眺めているだけでも幸せを感じます。



綺麗に梱包されてます。
さすがAppleです。



中身は、Keyboard本体マニュアル類
価格が高いのでリンゴシールが入っていると少し期待したけどやっぱり入っていませんでした。



マニュアルもイラストが描かれていてとても分かりやすくなっています。

外観・デザイン




Keyboardの色は黒に近いグレーの1色のみです。
Smart Keyboard Folioの色はねずみ色の濃い感じですが、それよりはかなり黒に近いグレーになってます。



背面には純正の証でもあるリンゴマークの刻印が。
所有感を高めてくれるので個人的にはすごく嬉しいポイントです。



カメラ部分の切り抜きは、最新版iPadの2レンズ対応になっています。



11インチ(第1世代)と12.9インチ(第3世代)とも問題なく使えます。
が、ちょっと気になるかもしれません・・・



Magic Keyboardの内側はマイクロファイバー素材で、柔らかくて気持ちいい触り心地です。
iPadを何回もつけたり外したりしても傷かつくようなことは無いと思います。



Keyboardの外側はポリウレタン素材が使われています。

Smart Keyboard Folioよりもサラサラした感じになっています。
僕はこのサラサラ感の方が好きです。

Smart Keyboard Folioと比較してみました。


サイズはほとんど変わりません。




ヒンジ部分が少し大きくなって、厚みが少し増したようです。

サイズ比較

 Magic KeyboardSmart Keyboard Folio
サイズ248 x 192 x 15mm248 x 182 x 13.5mm
重さ601g302
iPadと合わせた重さ1074g775g



1番の違いは重さ。




Magic Keyoardだけで、605gとiPad本体よりも129g重たいんです。

iPadと合わせると1081gと1kgオーバーに。

ちなみにMacBook Air(2019)は1.25kgで、その差は170gとあまり差がありません。

この重さをどう捉えるかによりますが、僕は

重くなったことでより安定感が増した。
安定した分iPadをスムーズに開くことができる。

と捉えています。

重くて持ち出すのは厳しいと感じる方は、やはりSmart Kerboard Folioがオススメです。

ちなみにロジクールが販売しているSlim Folio Proの重さは555g
これはiPad全体を保護してくる仕様なっていて、作りは違えど、重量の差は50g
そう思うと、リュックなどに入れてしまえば、そこまで気にはならないと思ってます。

「logicool SLIM FOLIO PRO」を買いました!!
皆さんこんにちは、soumaパパです。 今回は、先日のブログでも書いた、愛用しているiPad Pro 11インチ用のキーボードケースについてです。皆さんからのコメントやいろんな方のレビューを参考にしながら、悩んで、悩んで、結果、「lo...

装着



取り付けはiPadをMagic KeyboardのSmart Connector接続部に合わせて乗せるだけ。
Smart Connectorのおかげでペアリング操作も不要

やっぱり純正はいいですね〜



iPadが宙に浮いてます




2cmくらいの浮き具合ですが、この2cmが意外とあなどれないんですよ。
2cm高くなった分

視線が高くる
姿勢も良くなる
結果、長時間利用しても疲れにくい

実際に数時間使ってみたけど、ほんと楽でした。

フローティングカンチレバーによって無段階に角度の調整が可能です。



ZoomやSkypeなどを使う時のカメラ位置も自由に合わせられるので便利ですね。

Smart Keyboard Folioの角度調整は2段階なのでこの差は大きいですね。

ただし、思っていた以上に稼働範囲は狭かったです。
180度に開いたり、キーボードを折り返すことはできないので、使う用途は逆に限られるかなぁと

シザー構造のキーボード



最新版のMacBookと同じようにシザー構造のキーボードが採用されています。

僕自身初のシザー構造のキーボード。
初めて触った感想は

『とにかく打ちやすくて、打ち心地が最高!』

いつまでもタイピングを続けたくなるような打ち心地です。

MacBook Air(2019)のバタフライキーボードも個人的には悪くなかったけど、入力した感触がしっかり伝わるのは、やっぱりシザー構造の方がはるかに上です。



キーピッチは、11インチ用が18mm、12.9インチはフルサイズ同様19mm




Folioに比べるとキーの大きさも違います。
これもタイピングしやすくなっている理由の1つだと思います。

ただし11インチ用は、キーボードの右端部分のキーは小さくなっています。
ミスタイプしやすくなりますが、これは慣れてくれば大丈夫かと。


新たにバックライトも搭載されています。
暗いところでもタイピングできるようになって便利です。

バックライトの明るさ調整はキーボードではできません
「設定」→「キーボード」→「ハードウェアキーボード」→「キーボードの輝度」
で変更が可能。

タイピングの感触はとても満足しています。

トラックパッド



MacBookやMagic Trackpad2に比べるとサイズは小さいです。

使用感は、特に気になることはないけど、範囲選択などの2本指操作はちょっとやりづらかったですね。



トラックパッドが搭載されたことにより、MacBookに近い感覚でカーソル移動などの操作ができるので、快適さは増したと感じます。

もちろん2本指、3本指のジェスチャー操作も快適。

USB-Cポート




今回新たにUSB-Cポートが搭載されました。
充電のみ可能なポートですが、これがあるのと無いのでやっぱり違います。



充電しながら、SSDなどのストレージを利用することができます。

確かにHUBなどを使えばできますが、ケーブルがごちゃごちゃして見た目がイマイチ。
これからはスッキリした見た目で使えるし、外出時は荷物も減らせて一石二鳥。

【レビュー】おすすめポータブルSSD SanDisk Extreme
おすすめポータブルSSD SanDisk EXtremeポータブルSSDのレビュー。コンパクトで軽量。外出先での作業も楽々です。

次に充電能力はどれくらいか気になりますよね。

まずはiPad直での計測



25Wと急速充電されてます。

Magic Keyboard 経由で。



23Wと直での充電に比べるとやはり能力はほんの少し下がってしまいます。
それでも23W出てれば十分だと感じています。

スポンサーリンク

 Magic Keyboardが向いているのはどんな人??



Magic Keyboardはキーボードとしては高額です。
買ってから後悔はしたくないですよね。
僕なりにどんな使い方をする人に向いているか、まとめてみました。

Magic Keyboard が向いている人

文字入力などのテキストベース作業がメインな人

向いている理由

・シザー構造のキーボードがとてもタイピングしやすい
・自分の好きな角度に調整できる
・目線も上がって、長時間作業しても疲れにくい
・カーソル移動がトラックパッドでより楽に

これに尽きると思います。

Magic Keyboard が向いていない人

Apple Pencilを使った作業がメインの人
本来のタブレットの使い方がメインな人

向いていない理由

・Apple Pencilが使いやすい角度への調整ができない
・Apple Pencilを使うたびに外さないとだめ

・普通のスタンドとしては値段が高い



残念ながらMagic KeyboardはApple Pencilが使いやすい角度への調整はできません。
そのまま使うにはちょっと無理がありますね。

動画を見たりWebを見るには好きな角度に調整できるけど、それだけの理由なら値段に見合わないですよね。

スポンサーリンク

 Magic Keyboard レビュー まとめ

本記事では、iPad Pro用のMagic Keyboardについてお伝えしてきました。

テキストベースの作業がメインの方にはおそらく最強のツールだと思います。
僕のメイン作業はブログなどの執筆作業なので、すこぶる快適で作業効率も上がったと思います。



やはりApple Pencilを多用するクリエーターの方などには向いていないですね。
Magic Keyboardは使い方によって、向き不向きがはっきりしています

ご自身の使い方で、何がメインになるかをよく考えた上での購入をオススメします。
やっぱり価格は高いですからね〜

個人的には非常に満足して、楽しく執筆活動を続けることができてます。



感想やご質問などコメントもらえたら嬉しいです!

最後に、このブログが皆さんのお役に立てたら幸いです。
Twitterでもいろいろとつぶやいていますので、よければフォローお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました