【レビュー】m+ (エムピウ) ストラッチョ 小さい財布はこれがBest Buy!!

mono
この記事は約5分で読めます。

今回はお財布の話。

最近、いろんな製品が小さくコンパクトになって、ミニマリストが増えているようですね。

僕はミニマリストじゃないけど、極力荷物は少ない方がいいと思ってます。
それでも普段iPhoneやiPad、充電器などのガジェット類が多くて・・・

せめて財布くらいは小さくしたいと思い、昨年頃から小さい財布を使ってきました。
最近はコロナの影響もあって、電子マネー決済も増えてカードの利用が多くなってきたし。

そこで今回ご紹介するのは、m+(エムピウ)のストラッチョ と言う小さい財布です。



久しぶりにいい買い物ができたので、レビューしたいと思います。

スポンサーリンク

 m+(エムピウ)ストラッチョってどんな財布?

m+(エムピウ)は東京蔵前にある様々な革製品を手掛けているメーカーです。
ご存知の方も多いかもしれませんね。



ストラッチョは、コンパクトなのにお札や小銭、カードも全て入る小さい財布です。
「ストラッチョ」とは、存在感が希薄なという意味です。
その意味から“肩肘張らないで使える身近な財布“と言うコンセプトで作られた財布。

使用している革は、ミネルバリスシオ



ミネルバリスシオは、イタリアのバタラッシィ・カルロ社が手がける最高級の革素材です。
もちろんエイジングも楽しめます。

ただしストラッチョは、色によって使われている革素材が違います。



ブラック、ブルー、レッドはブッテーロと言う革素材が使われています。
ブッテーロも高級な革です。

ストラッチョのサイズは、102 x 65 x 20mm重さ45gととてもコンパクト。
コンパクトですが、お札10枚、百円玉5枚、厚めのカード5枚くらい入ります。
普段使うには十分だと思います。

他の財布だとお札を三つ折りにしてから入れる物もありますが、ストラッチョはそのまま入れることができます。
財布を閉じると、お札は三つ折り状態に。

いちいち入れる前に三つ折りにするのは面倒。
この点はとても便利で楽ですね。

スポンサーリンク

 m+ ストラッチョ レビュー

早速、実物を見ていきましょう。

パッケージ




黒の化粧箱。
中心にm+のロゴが刻印されています。
とてもシックでプレゼントにも良さそうです。



中身は、財布本体と1枚の紙が。



紙には正規品であること、修理をお願いする場合の連絡先が書かれています。

この紙が入っているってことは、やっぱり偽物も出回ってるかもしれませんね。
買う時は注意しましょう!


外観・デザイン




今回購入した色はナポリ
キャメルの様な黄色味が強い茶色です。
装飾なども特になくシンプルなデザイン



他にもいろんなカラーがあります。



表面はツルツルした触り心地で、革にはハリがあります。
ハリと言っても硬いって感じではありません。



紙幣を入れるところも広めに作られています。
出し入れは楽そうです。





その他に、カードポケットと小銭ポケットがあります。
カードポケットにm+(エムピウ)のロゴが控えめに。

ストラッチョはボタンで閉じるタイプ。




財布を閉じるためのボタンの作りもしっかりしています。
何回も開けたり閉じたりするので、ボタン部分の作りはとても重要です。

ストラッチョはしっかり縫い付けられていて問題さそうです。




横から見ると、革にハリがあるのが分かります。
使っていくうちに柔らかくなって馴染んでくると思います。



iPhone8 Plusとサイズを比べてみました。
とってもコンパクトです。

全体的に、飽きのこないシンプルかつ機能的なデザインがとても気に入っています。

abrAsus(アブラサス)の小さい財布との比較

ストラッチョを購入するまで使っていたのが、アブラサスの小さい財布です。
アブラサスは、財布やリュックなど、機能と素材にこだわった製品を作っているメーカー。
ご存知の方も多いと思います。

ちなみに財布以外に、ひらくPCバックミニを今も使っています。


iPadなども余裕で入って、使いやすく、とても気に入っています。



アブラサスの小さい財布と比較してみました。




サイズは、それほど気になる差ではないけどアブラサスの方が小さいです。



アブラサスも気に入ってしばらく使ってたけど、いくつか不便な点が。



それはカードポケット
確かに5枚入って、出し入れもしやすい。
ただ、横から入れる形状だと、カードを1枚出した時、財布が傾いたりすると、カードが落ちちゃうんです。

コンビニのレジの前で何回ばらまいたことか・・・
自分の使い方が悪いのかもしれないけど、こればっかりは慣れませんでした。

もう1つが、小銭用のポケット。



小銭入れとして使ってないけど、代わりにレシートや明細を入れてようと思っても
小さく折らないと入らない。
折ると厚みがまして2枚くらいしか入らない。

本来の使用方法ではないけど、この2つが僕には馴染めず、買い換えるに至ったんです。

実際にお金を入れて見る

まずはカード類から。




キャッシュカードやポイントカードなど5枚入れてみました。



ちょっときつめですが、しっかり5枚入りました。
ちょっときつめな感じも馴染んでくれば気にならなくなると思います。

アブラサスと違って、カードを入れる方向が横向きなので落とす心配もなさそうです。

次に紙幣。



10枚ほど入りますが、手持ちにあったのが3枚だったので・・・
もちろん余裕で入るし、出し入れがとてもスムーズ

最後に小銭。




僕は小銭だけは、専用の小銭入れを使ってます。
小銭に入れにはレシートや明細を入れてます。
深さもあって、過度に折る必要もないので満足です。

カードや紙幣を入れた状態です。






新しいだけあってやっぱり膨らんでしまいます。
これも時間とともに馴染んでくれば問題なしです。

サイズもいいし、シンプルで使いやすい。
お気に入りになりそうです。

スポンサーリンク

 m+(エムピウ) ストラッチョ レビュー まとめ

本記事では、エムピウの小さい財布 ストラッチョをご紹介しました。

コンパクトで無駄がなく、飽きのこないデザイン
見た目もいいし、使用感も上々。



革の質感もよく、長く使ってエイジング(経年劣化)も楽しめそう。
すっごく満足してます。

小さい財布を探している方、ミニマリストの方にはオススメしたい商品です。

ますます電子マネーでの決済が増え、元気を持ち歩く機会も減ってくると思います。
この機会に、財布を新調してみるのもいいかもしれませんね。

興味のある方は、ぜひ、チェックしてみてください。

感想やご質問などコメントもらえたら嬉しいです!

最後に、このブログが皆さんのお役に立てたら幸いです。
Twitterでもいろいろとつぶやいていますので、よければフォローお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mono
soumapapaをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました