複数のPCから1台のスピーカーへ出力「belkin ROCKSTAR」なら簡単、便利!

mono
この記事は約5分で読めます。

私が自宅でブログ執筆などの作業をするときは、音楽が欠かせなくなっています。好きな音楽を聴きながら作業をすると、結構、はかどるんですよね。
ちなみに音楽アプリはAmazon Musicです。

夜間や集中したいときは、AirPodsやBeatsXで音楽を聴きながら作業をしています。
休日の昼間などは、イヤホンではなく、クリエイティブ・メディアのCreative Pebbleスピーカーで音楽を聞いています。
このスピーカー、値段の割に音質も良く、デザインもなかなかで、非常にコスパが高いスピーカーです。

集中した作業の合間の息抜きにするゲーム(PS4)も、スピーカーから音を出しています。ゲームをするときは、スピーカーよりもヘッドホンを使うほうがいいと思いますが、子供と一緒にすることが多いので、スピーカーから音を出しています。

音楽はMacBook Proからスピーカーへ。ゲームはPS4からLGの27インチモニターにオーディオケーブルつないで、スピーカーへ出力しています。
MacBook ProとPS4の画面を切り替える時は、HDMI切替機を使っているので、ボタン1つでサクッと切り替わるので問題なしです。

ところが音声は、MacBook Pro使うときは、オーディオケーブルをMacBook Proへ差し、ゲームをする時は、オーディオケーブルをMacBook Proから抜いてモニターへ差し直しています。
この差し替え作業が非常に面倒で、ストレスになっています。

「それならイヤホンをメインで使えばいいんじゃない」とのご意見もあると思います。
そんな中、差替えの面倒さ、ストレスから開放してくれる優れmonoを見つけたのでご紹介します。

前置きがいつも長すぎ・・・

スポンサーリンク

belkin ROCKSTAR 外観

今回ご紹介するのは、「belkin ROCKSTAR」です。
ROCKSTARは、イヤホンスプリッターです。音の分配器となります。通常の分配器だと、1つの音を複数の機器に出力する仕様です。その仕様だと今回の使用目的には、全くあわないのですが、なんとこのROCKSTARは、複数デバイスから入力を、複数デバイスへ出力することができるんです。簡易ミキサーって感じでしょうか。
この仕様だと、今回の目的が達成できそうです。

では、見ていきましょう。
まず箱から。箱は、belkinらしく白い箱に機器の画像が描かれています。

5色展開されているようですが、黄緑色水色以外は売り切れていたので、黄緑色を購入しました。
黄緑色を購入したから、箱の差し色も黄緑色っていうわけじゃないようです。水色を購入すると、箱の差し色は、黄緑色で、機器の画像のケーブル部分のみが水色になるようですね。箱はどうでも良かったですね・・・


肝心の中身です。白地に黄緑色のロゴが描かれた本体同色のAUXケーブルが1本、あとは保証書が一枚です。取扱説明書らしきものはありませんでした。

スポンサーリンク

belkin ROCKSTAR 使い方

本体は、ヒトデのような形で、1つのポートからケーブルが出ていて、残りの5ポートに各機器を接続することができます。各ポートは、3.5mmのメスになっています。
使い方は、すごく簡単で、入力したい機器、出力させたい機器に、元から付いているケーブルを差すか、残りの空いているポートに機器から出ているケーブルを差す、もしくは機器とROCKSTAR本体とオーディオケーブルでつなぐだけです。簡単です。
実際にどのようになるか、私の使用方法を下にまとめてみました。
デバイスを切り替える時に、デバイス側のケーブルを差し替える必要でした。


デバイスを切り替える時は、特に何もする必要はありません。
ROCKSTARを通して、各デバイスの音が出力されます。
この時、1点だけ気をつけることがあります。このスプリッターは自動で入出力先を切り替えるのではなく、ただ入力された音を出力するだけです。MacBookとPS4の両方から音が出ている場合、スピーカーからは、両方の音が出力されてしまいます。ミックスされた状態になります。どちらかの音を止める必要があります。ご注意ください。この手間は、ケーブルを抜き差しする手間に比べると、気にならないと思います。

お分り頂けましたでしょうか?

どちらかの音を止める必要はありますが、ROCKSTARを使えば、ケーブルを挿したまま音を出すことができます。これで、今回の目的は達成できそうです。
それだけではく、空いているポートに有線タイプのイヤホンやヘッドホンを繋いで音楽を聞くことができるんです。これは想定していませんでした。嬉しい想定外です。

スポンサーリンク

belkin ROCKSTAR 接続

実際に接続してみました。

ケーブルの差し替えなしで、MacBook Proからの音、PS4からの音がスピーカーから出力されました。無事、目的達成です。
いかがでしょうか?
見た目は、あんまりいいものではありませんが、目的を達成できたのと、本体自体モニターの裏に付けているので、周りからは隠れて見えません。とりあえず良しって感じでしょうか。

スポンサーリンク

belkin ROCKSTARのまとめ

ROCKSTARのおかげで、いちいちケーブルの差替えをしないで、それぞれの音の出力先をデバイスを切り替えることができたので、非常に満足しています。ただ良いところだけではなく、注意する点もあります。
ROCKSTARパッシブタイプのスプリッターのため、繋ぐイヤホンの数を増やすと音量(出力)が減衰します。この問題は、音量を上げれば解決できます。ただ、繋げたイヤホンの数が減ったりすると、急に音量が大きくなります。ここだけは、注意して使ってください。お値段もAmazonにて、1,414円で購入できるので、1台持っていても損はしないと思います。

非常にコスパの高い、お手軽、便利商品だと思います。


感想やご質問などコメントもらえたら嬉しいです!

最後に、このブログが皆さんのお役に立てたら幸いです。
Twitterでもいろいろとつぶやいていますので、よければフォローお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました