「logicool SLIM FOLIO PRO」を買いました!!

ipad
この記事は約6分で読めます。

皆さんこんにちは、soumaパパです。

今回は、先日のブログでも書いた、愛用しているiPad Pro 11インチ用のキーボードケースについてです。皆さんからのコメントやいろんな方のレビューを参考にしながら、悩んで、悩んで、結果、「logicool SLIM FOLIO PRO」を購入しました。

 

重量の差と金額差で最後まで迷いましたが、購入の決め手はこの3点です。

・キーボードの打鍵感
・Apple Pencilを使うときのスケッチモード
・バックライトキー

では早速、レビューしたいと思います。

スポンサーリンク

開封

SLIM FOLIO PROは、今のところApple Store限定販売です。
もしAmazonさんなどで販売されるようになると、もう少し安くなるかもしれませんね。

Amazonでも購入できるようになりました。

製品箱は、さすがApple Store限定販売の商品だけあって、とてもきれいでシンプルです。箱の内側も、とてもグラフィカルなデザインで、商品にも期待が持てますね。

 

中身は、本体、取扱説明書、保証書です。本体は、フラップと本体部分もしっかり緩衝材で梱包されていました。

スポンサーリンク

外観

では、早速見てみましょう。

サイズ

サイズは、縦18.9cm、横25.5cm、厚さ2.2cmで、やはりSmart Keyboard Folioに比べると、大きくなります。

重さも、555gとSmart Keyboard Folio(296g)より259g重くなって、Apple Pencilを装着したフル装備になると、重さはなんと、1kg越えてしまいます。

家にあるスケールが、1kgまでしか計れなかったので、表示が「EEEE」のエラー表示になってしまいました。すみません。

iPad Pro 11インチ 496g + SLIM FOLIO PRO 555g = 1051g
(Apple Pencil装着時)

 

普段、MacBook Pro13インチ等を持ち運んでいる方だと、たいした重さではないかと思いますが、この重さだと、iPad Pro本来の軽快さはなくなりますね。分かっていたことなのですが、やっぱり、ちょっと重いです。

キーピッチは、17mmです。打鍵感は、しっかりしていて、ラップトップPCのような感じです。私的には、打鍵感がしっかりしている方が好みなので、非常に合っています。
文字配列は、英語配列のみです。日本語JISを使っている方は、最初はなれないかもしれませんが、使っているうちに、すぐ慣れると思います。私自身もそうでしたから。

プロテクト

iPad Proを装着する部分は、正面左側は側面全体、右側は角のみカバーされます。しっかりiPad Proを守ってくれそうです。背面のカメラ部分もしっかりカバーされています。

Apple Pencil用スリット

Apple Pencil用のスリットが装備されています。スリットの感じは、きつもなく、緩くもなく、ちょうどいい感じで、Apple Pencilをスムーズに挿入することができます。ただし、スリットに挿入したままだと充電はできないので、注意が必要です。充電したい時は、iPad Pro本体に直接付けますが、フラップがあるので、カバンの中で外れたり、持ち運び中に落ちたりするようなことはないので、とても安心です。

充電

Smart Keyboard Folioと違って、このキーボードは充電が必要です。充電口は、USB TYPE-Cです。iPad Proと同じなので、別のケーブルを持ち歩く必要がないところも良いです。充電の持ちも1回の充電で3ヶ月くらい持つそうなので十分です。

スポンサーリンク

装着

ケースをつける時は、左側から差し込んで入れるようです。右下の部分が、少し硬めでしたが、特に問題なく装着できました。

右側上部のロックボタン、右側側面のボリュームボタンはケース越しに押すようになるので、押しづらくなります。ただ、ロックやボリューム調整のショットカットキーがあるので問題ないと思います。

プロテクトされているので、ガラスフィルムを使われている方は、注意が必要です。私は、エレコムのペーパーライクフィルム(TB−A18MFLAPL)を付けていますが、剥がれることなくケースを装着できました。

スポンサーリンク

機能

続いて、機能について見てみましょう。

キーボードモード・スケッチモード・読書モード

Smart Keyboard Folioは画面の角度を2段階で調整できます。SLIM FOLIO PRO は画面の角度は1段階のみですが、キーボードモード、スケッチモード、読書モードの3種類の使い方ができます。
キーボードモードは、その名の通りキーボードを使うモードです。ケースの下側のマグネットにiPad Proをつけると自動で認識してくれます。(初回のみペアリングが必要です。)キーボードモード時のPencil用のフラップは、マグネットで裏側に着き、ぷらーんと垂れ下がりません。細かい所まで配慮されています。


スケッチモードは、Apple Pencilをよく使う人には、非常に便利だと思います。この約7度の角度かあるかないかでは、全然使いやすさが違うと思います。

読書モードは、22mmの厚さだと、ちょっと厳しいですよね・・・

 

ショートカットキー

Slim Folio Proにはショートカットキーが14個ついています。

[table id=3 /]

便利なのは、ホームボタン、ボリューム調整ボタン、画面ロックボタンの3つかな〜と。

バックライトキー

暗いところでの作業もこなせるように、キーボードにはバックライトがあります。3段階で明るさを調整できます。これも非常に便利だと思います。

 

スポンサーリンク

買ってよかった!!「SLIM FOLIO PRO」

これまで外観や機能についてみてきました。結果、私は購入して非常に良かったと感じています。このブログもiPad Proで書きましたが、打鍵感も良く、タイピングミスもあまりなく、とても快適にタイピングできました。これで、外でもブログの執筆ができるようになったので、楽しみがまた一つ増えました。SLIM FOLIO PROの弱点である重さですが、1日外出して使ってみましたが、それほど重さを感じることはありませんでした。

「SLIM FOLIO PRO」と「Smart Keyboard Folio」のどちらがいいかは、非常に迷うところだと思います。使う方が、何を一番重要視するかによって選ばれるのが一番いいと思います。軽快にスタイリッシュに使うなら「Smart Keyboard Folio」保護性と機能性を選ぶなら「SLIM FOLIO PRO」でしょうか。
私的には、「SLIM FOLIO PRO」がオススメかなぁと思います。

感想やご質問などコメントもらえたら嬉しいです!

最後に、このブログが皆さんのお役に立てたら幸いです。
Twitterでもいろいろとつぶやいていますので、よければフォローお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました