elagoのApple Watchがスタンドが可愛くておすすめ

Apple Watch
この記事は約3分で読めます。

今回は、Apple Watchのスタンドをご紹介します。
今までは、SATECHIのスタンドを使っていました。



使用感はとてもよかったのですが、色がゴールドで今使っているスペースグレーのAppleWatchとはちょっと合わないなぁ〜と。
※現在Amazonでは取り扱っていないようです。
そこで、いつもお世話になっているAmazonを見ていたら「これだ!」と思う商品があったので早速購入しました。
その商品がこちらelago「Apple Watch Charging Station W6 Stand」



では早速みてみましょう。

スポンサーリンク

Apple Watch Charging Station W6 Stand 外観

外箱から見ていきましょう。
白をベースとしたシンプルなデザインです。







最近のApple製品向けのサードパティー製周辺機器の箱は、なぜか白をベースにしたものが多いと感じるのは私だけでしょうか?



箱裏面には、スタンドの仕様が書かれており、残念ながら全て英語表記でした。
COMPATIBILITY(互換性)VINTAGE DESIGN(デザイン)EASY TO USE(使い方)
MATERIAL(素材)DISCLAIMER(免責事項)について書かれています。

スポンサーリンク

Apple Watch Charging Station W6 Stand 開封

早速開封したいと思います。





箱上部のPULLと書かれた部分を引き出すと簡単に開けられます。

中身はこんな感じです。



本体のみで、取説などは付属されていません。
充電ケーブルも付属しないので、持っている充電ケーブルを使います

肝心の本体です。







W6 Standは、懐かしい iPod Classicをモチーフにしたスタンドになっています。
パッと見、本物のiPod Classicに見えますよね。
SATECHIのスタンドと比べるとこんな感じです。



色はブラックホワイトの2色展開。今回はホワイトを選択。



本物そっくりで、Apple Watchを入れるところに再生画面を再現した紙が入っていました。



ちょっとしたところがこれまた嬉しい。

スポンサーリンク

Apple Watch Charging Station W6 Stand 使ってみました

再生画面を再現した紙を外すとApple Watchを入れるスペースがあります。
早速、充電ケーブルを取り付けてみます。



USB差し口からケーブルをスタンドに通します。







スタンド背面にケーブルを止めるスリットがあるので、ケーブルをとめます。
非常に簡単です。





早速Apple Watchを置いてみました。







きつくもなく、緩くもなく、収まり具合もとっても良いです。
Nightstandモードに対応しているので、時計と充電マークが表示されます。
本物のiPod Classicの画面のように見えます。
なんだか充電するのも楽しくなりそうです。

スポンサーリンク

Apple Watch Charging Station W6 Stand おススメします!

見た感じもとっても可愛くていいですね。
遊び心満載なこのスタンドは、Apple好きにはたまらない商品です。
iPod Classicタイプ以外にも


マッキントッシュ128KをモチーフにしたW3 Stand




iMac G3をモチーフにしたW4 Standがラインナップされています。

お好みで選ぶことができます。

私は全種類集めようかなぁと思っているくらい、気に入っている商品です。
Apple Watchは私には欠かせないガジェットの1つになっていて、この充電スタンドのおかげさらに、快適なApple Watchライフが送れそうです。

感想やご質問などコメントもらえたら嬉しいです!

最後に、このブログが皆さんのお役に立てたら幸いです。
Twitterでもいろいろとつぶやいていますので、よければフォローお願いします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました